スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
埴生神社♪月瀬八幡宮・惣社宮
埴生神社へ♪

  トマコの去年の神社巡りのお話しです。
  友人と、中間市にある埴生神社とその近くの神社巡りをしたそうです。
  埴生神社は埴生公園内にあり、埴生公園は春には2千本もの桜が咲く名所でもあります。
  ここから先は、トマコにお任せします(^_^.)
                                                      トマオ


鳥居♪

扁額♪

  昔 仲哀天皇が、神功皇后と熊襲征伐のため御船でこの地を訪れ、航海の安全を祈願し
  船魂の神を祀ったとされる                           ウィキペディアより


  埴生神社には、神功皇后が来られたという言い伝えがあるのですね♪
  船で来られたという事は、当時この辺りは海だったという事!?


 画像をクリックすると大きくなります♪
ご由緒♪

裏側回ると♪

  埴生神社から車で10分ほどで、私の父の里がある鞍手町です。
  以前 鞍手の叔父から 昔は海だった場所から今でも塩が出ると言うお話しや
  従妹夫婦と観に行った、古月の横穴墓で観た古地図を思いだしながら友人と歩きます。


ウォーキングコース♪

  ウォーキングコースにもなってるんですね!
  おっと・・・夫がお邪魔しました(^_^.)
                                                      トマオ


埴生羅漢百穴♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
説明♪

  埴生公園内には、埴生羅漢百穴と呼ばれる横穴墓群があります♪


横穴♪

羅漢♪

  古墳時代後期(約1400年前)のお墓で、多くの副葬品が出土し、
  中間市の歴史民俗資料館に展示されています。
  昭和32年(1957年)に福岡県の文化財に指定されました。



池♪

  赤い橋がかかるこの池は、古代の海の名残かも!?
  神功皇后が来られた時は、この池は海だったのかもしれません^^


 画像をクリックすると大きくなります♪
ウォーキングマップ♪

  桜の咲く頃にまた、来てみたいです♪
  ウォーキングとしては、そんなに疲れない軽い感じでしたよ^^


月瀬八幡宮♪

  埴生神社から車だと5分ほどの底井野の地に、月瀬八幡宮があります。
  友人が宮司さんをご存じのご縁で、この月瀬八幡宮で思いがけない
  素敵な体験をさせて頂く事となったのですが、それはまた後のお話しで^^ 
  この時も、とっても親切な宮司さんに 色々なお話しを伺う事が出来ました。


 画像をクリックすると大きくなります♪
猫城址♪

  猫城址という城跡の説明は、拡大してご覧くださいね。
  月瀬八幡宮では、天満様と恵比寿様もお祀りされてあり、江戸時代から続くという
  恵比寿大祭が、毎年12月3日に行われています。
  そして菅原道真公との関わりも深く、底井野という地名も道真公の由来だそうです。


境内♪

  福岡城主であった黒田家ともご縁が深いというお話しや
  遠賀川で隔てられた中間市と底井野は、昔は底井野が裏街道で賑っていたお話し・・・
  底井野の地から、北海道の開拓に尽力された方がある事などなど
  多くの興味深く 貴重なお話しを教えて頂きました。


 画像をクリックすると大きくなります♪
古文書♪

  とある古文書のコピーも見せて頂きましたよ~^^
  あらためて神社という場所や宮司さんは、その地元の歴史を守り 語り継ぎ
  文化を伝承されている事を、色々なお話しから感じる事が出来ました。


惣社宮♪

  月瀬八幡宮の宮司さんは、中間市の惣社宮の絵馬を描かれているそうです。
  帰り道で、惣社宮にも参拝して絵馬を見てきました♪


絵馬♪

  今年の絵馬も、また参拝させて頂きがてら見せて頂くのが楽しみです♪
  実は、月瀬八幡宮の宮司さんに 古代のお話しもちょこっとお伺いしたのですが
  人口もとても少ない大昔から信仰していた場所では、石などを祀っていて
  今のように立派な鳥居や拝殿などは ずっと後の時代の事だとおっしゃっていました。
  惣社宮は、それくらい古い神社で 詳しい事はわかっていないそうです。


扁額♪

  友人のご縁で突然お邪魔して、こうして貴重なお話しを伺った私達は
  12月3日のえびす大祭にも参加させて頂きました♪
  えびす大祭では、江戸時代から伝わる料理でもてなして下さったのですが
  そのお話しは、また後日です^^
                                                      トマコ

  勝手ながら、この記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは 開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
【2014/01/18 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
三女神社♪まほろばうさ物産館
まほろばうさ物産館♪

  薦神社に立ち寄ってからしばらく過ぎた今年も、安心院方面を通りかかりました^^
  いつの間にか、物産館が出来ていましたよ。
                                                   トマオ


発見♪

  夕方だけど開いてたので、ちょこっと寄ってみました♪
                                                   トマコ


巨峰♪

  ブドウが並ぶどう~(^_^.)
  安心院(あじむ)といえば葡萄の産地としても有名です。
  この時は通り道にも、何か所もの巨峰の直売所が出てましたよ。
                                                   トマオ


からあげととり天の素♪

  大分県では、中津もですが宇佐もから揚げが名物です。
  とり天もありますが・・・から揚げから揚げましょうかね(^_^.)
                                                   トマオ


いのしし肉♪

  珍しい特産品も発見♪
  いのしし肉は、他ではあまり見かけた事が無い気がします。
                                                   トマコ


ハモ♪

  トマオ  「ド~ミ~ソ~ド~♪」
  トマコ  「ド~ソ~ミ~ド~♪」

  オンチですが、ハモってみました(^_^.)
  ハモはたしか、中津の名物ですよね。
  生のハモを売ってるのも、滅多に見かけないと思います。
                                                   トマオ


カマスカ♪

  あ~ゆ~カマスか? 魚に聞かれました(・・?
  私はカマスじゃありませんよ。
  カマスカという魚は初めて見ましたが、美味しいそうです。
  以上、まほろばうさ物産館で見かけた珍しい特産品でした!
                                                   トマオ


ぶどう園♪

  安心院のブドウ園を見かけましたので、ワイナリーも訪ねてみました。
                                                   トマオ


ワイナリー♪

  ところが、時間切れで閉店したばかりでした(^_^.)
  安心院のワイナリーは有名で、いつか寄ってみようと思ってたのにな!
  目の前に売店とレストランがあり、ワインなども売ってましたよ。
  レストランのメニューも豊富で美味しそうでしたが、
  いつかまた訪ねたら ご報告させて頂きますね。
  この辺りは、安心院家族旅行村として 施設などの多い観光地です。
                                                   トマオ


三女神社♪

  家族旅行村にほど近い道路沿いに、気になる名前の神社を発見♪
  三女神社? 三女神といえば思い出すのは宗像三女神ですが・・・
  日が暮れかけてたので、ご由緒だけ見て帰る事にしました^^;
                                                   トマコ


 画像をクリックすると大きくなります♪
由緒♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
由緒♪

  やはり、宗像三女神のお名前が書かれてありました♪
  水沼の君等がこれを祀った・・・水沼の君という名前(?)は
  筑紫(福岡県南部)の古代を読んでいると、たびたび出てきます。
  宗像三女神は福岡県宗像市の宗像大社に、盛大にお祀りされています。
  そしてここは大分県、宇佐神宮に近い安心院という内陸部の盆地です。
  福岡県内と大分県との けっこうな広範囲なのです。
  帰ってから検索してみたところ、宗像大社よりも三女神社の方が時代が古い。
  と書かれてある記事を見ました。
  って事は、宗像三女神は宗像のご出身では無いって事?
  そして薦神社の時に調べた、宇佐の地に降り立ったという場所がここだった??
  宗像大社をとっても身近に感じてきた私にとっては、ビックリな発見でした!
  宗像三女神は、宇佐神宮のご祭神でもあります・・・
  う~ん・・・私にはナゾだらけで、ワクワクします^^
                                                   トマコ 


二女神?

  道路から見える鳥居には、二女神と書いてあるように見えます・・・
  え? 三女神社なのに二女神??
  ますます、私のナゾは深まるばかりの神社でした^^
  三女神社も、ひもろぎ逍遥さんでご紹介されています。
  私はまだ見ていない、神社や三柱石や 水沼井という不思議な井戸のお話しなど
  るなさんのご考察とともに、古代ロマンへと誘われてしまいそうなお話しです。
  安心院は、一見地味だけど歴史深く自然が多く残る素敵な所だと再認識しています。
  私もまた、ゆっくり訪ねてみたいと思っています♪
                                                   トマコ
  私もまた、トマコのご要望に応えて行くと思います。
  ワイナリーと食事が楽しみだなぁ(^_^.)
                                                   トマオ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
【2013/09/16 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
薦神社♪道の駅しんよしとみ
薦神社♪

  九重や湯布院方面へ 山歩きなどへの行き帰りの道は、
  北九州市~中津~宇佐~安心院~湯布院~九重ルートを通る事があり
  安心院から中津方面には、トマコの好きな遺跡や神社が多く
  帰り道が明るいうちに何か見つけたら、寄り道命令が発令されます(^^)
                                                   トマオ
  一年くらい前の事です(^^ゞ
  薦神社・・・八幡神祖宮?? 探してみよう~っ!
                                                   トマコ 


 画像をクリックすると大きくなります♪
ご由緒♪

  薦神社(こもじんじゃ)は、大通りから入ってからがわかりにくく
  人に尋ねてようやく行き当てましたよ。
                                                   トマオ
  八幡神の祖って どういう意味なんでしょう?
  八幡神といえば総本宮の宇佐神宮は、ここから近い場所です。
  ご祭神は 応神天皇(八幡大神)、比咩大神(宗像三女神)、息長帯比売命(神功皇后)
  宗像市にある 宗像大社の宗像三女神もご一緒です。
  そういえば宇佐神宮とも同じご祭神で、宗像三女神が祀られている・・・。
  と、なんとなく思った事が 後日安心院の神社を見つけた事にも繋がるのでした^^
                                                   トマコ 


森のような参道♪

  迷って探し当てた薦神社は、駐車場側から入りました。
  参道かどうかわからなかったけど、大きな木が沢山の森の中にある
  広くてひっそりとした古い神社の印象でした♪
                                                   トマコ


狛犬と♪

獅子♪

  なんだか愛嬌のある狛犬様です♪

  薦神社は、大分県中津市に所在する八幡宮で、別名大貞八幡宮(おおさだはちまんぐう)
  とも称される。境内の三角池(みすみいけ:古くは「御澄池」と記すこともある)を内宮、
  神殿を外宮とする。全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の祖宮といわれ、
  承和年間(834-848年)の創建と伝える古社である。             ウィキペディアより



神門が見えた♪

  立派な神門が見えてきました。
  とても個性的と言いますか、これまで見た事のない雰囲気です。
                                                   トマオ


 画像をクリックすると大きくなります♪
説明♪

  中津藩主細川忠興により再建された神門は、
  昭和63年(1988年)に国指定重要文化財に指定されています。
  小倉藩にもおられた細川忠興公は、小倉の前には中津におられたんですよね。
                                                   トマオ


神門は閉じられて♪

  近づいてみると、とっても立派な神門に驚きました♪
  ここからは入れなくて、拝殿を探します。
                                                   トマコ


まわりこむと♪

拝殿がありました♪

  神門から回り込んでみると、拝殿がありました♪
  ご祭神のお話しに戻りますが、宗像三女神については
  『日本書紀』巻第1神代上第6段一書第3の条によると
  則ち日神の生れまする三の女神を以ては、葦原中国(あしはらのなかつくに)の
  宇佐島に降り居さしむ。今、海の北の道の中に在す」とあり、
  最初は宇佐の地に降り立ったことを示している。               ウィキペディアより
 

  え? 宗像三女神って、宗像のご出身では無かったんですね?
  古代の事って、興味をもってみると不思議が色々です。
                                                   トマコ 


ニャンコ♪

  私は、境内にいたニャンコと遊んでました(^_^.)
                                                   トマオ


大きな木♪

  神社や史跡などに興味をもつ様になり、楽しみに拝見しているブログがあります。
  ひもろぎ逍遥 というブログなのですが、神功皇后の事や神社のことなどなど
  え?っと驚くような福岡県内や近辺の 古代の歴史にまつわるお話しがいっぱいで
  読んでいると、私のフシギは殆ど解決してしまうくらいです^^
  そして、ナゾ解きのように地元の歴史や神社を知っていく事はワクワクします。
  るなさんのおかげで、神社や史跡巡りがいっそう楽しくなっています。
  薦神社もご紹介されていますので、ご興味のある方は是非♪
                                                   トマコ


へぇぇ♪

神様の足跡♪

  薦神社を訪ねたのは一年位前なのですが、最近友人が貸してくれた本に
  八幡神は御許山をご神体とする宇佐地方の信仰に発するともいわれていますが
  宇佐神宮社伝によれば、欽明天皇32年(571年)童子の姿で菱形池のほとりに現れた。

  と書いてあるのですが、この三角池にも現れたのでしょうか??
                                                   トマコ


三角池♪

  薦神社の三角池です♪
  この池そのものがご神体であり、三角池に自生する「真薦」を刈り取って
  池の敷島で乾かし、宇佐八幡宮の「御枕」にしたと伝われているそうです。
  薦神社という名前は、ここからきているのですね。
                                                   トマコ


道の駅しんよしとみ♪

上毛町案内図♪

  薦神社をあとにして、帰途につきました。
  道の駅しんよしとみは、上毛町にある大きな道の駅です。
                                                   トマオ


びったれ餅♪

  私は父によく、片付けないとビッタレだと言って叱られてました。
  ビッタレって、豊前方面の方言だったんだ~
  父の里の筑前鞍手方面の方言かと思ってました^^
                                                   トマコ


からあげチップス♪

  上毛町は、福岡県豊前市と大分県中津市の間にある町ですので
  大分県の名物も置いてあります。
  中津といえば、から揚げは有名になっていますね。
  からあげチップスは頂いた事がありますが、本当にから揚げ風味です^^
                                                   トマオ 


シャコのかまぼこ♪

  シャコのかまぼこ? 初めて見ました♪
                                                   トマコ


シロイモ?

  シロイモの茎?
  うちの畑のハスイモの茎に似ていますよ。
                                                   トマオ


魚ロッケ&コロッケ♪

  わ♪ 魚ロッケ発見! コロッケもどっちもお安いです^^
  魚ロッケは佐賀県の名物だったと思いますが、福岡県内でも見かけます。
  魚のすり身のカツで、美味しいんですよね。
                                                   トマコ


定食リーズナブル~♪

  小腹が減ってましたが、これを見たら食べたくなってしまいました(^^)
                                                   トマオ


おまかせ定食と♪

うどん定食♪

  私はうどん定食で、トマコがおまかせ定食です。
  どちらも500円とは、驚きの価格とボリュームでしたよ。
  約1年前の事ですので、現在はもしも違っていたらすみません(^_^.)
                                                   トマオ


大ノ瀬官衛遺跡♪

  道の駅しんよしとみのすぐ裏手には、大ノ瀬官衙遺跡があります。
  奈良時代の豊前国上毛郡衙の役所跡で、建物の建ち並ぶ様子がよくわかり、
  律令期の地方官衙の一形態を示す貴重な遺跡だそうですよ。
  平成10年12月8日に、国指定史跡となっています。
  日も暮れてきて、この日はこれで帰りました(^^)
                                                   トマオ
  続けて、安心院で見つけた神社と物産館のご紹介です♪
                                                   トマコ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは 開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
【2013/09/14 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
西園寺♪熊鰐の御子孫
西園寺♪

  春の事です♪
  友人に案内して頂いて、岡垣町の西園寺さんを訪ねてきました。
                                                   トマコ
  久しぶりに、トマコの好きな古代のお話しですよ~
  ご興味のある方は、聞いてやってくやさいね。
                                                   トマオ


 画像をクリックすると大きくなります♪
熊鰐と西園寺について♪

  西園寺さんは、なんと 神功皇后にお仕えした熊鰐の御子孫のお寺なのです。
  北九州市にも多く残る神功皇后の伝説や、神社でお話しを聞いたり調べると
  よく、熊鰐(くまわに)の名前が出てきます。
  芦屋町では、熊鰐の住居跡があるそうで探したり、北九州市の岡田宮では
  熊鰐が祀られていました。
  黒崎の熊手商店街の名は、熊鰐の熊から付いた名前でした。
  その熊鰐さんの御子孫がおられるというお話しは、一年くらい前に岡垣町の高倉神社で
  出会った方に教えて頂いて、いつか訪ねてみたいと思ってたけど
  宗像市や岡垣町に詳しい友人のおかげで、訪ねる事が出来ました(^^)v
  ご興味のある方は、ぜひ画像をクリックして読んでみて下さいね。
                                                   トマコ


裏山♪

  熊鰐さんの御子孫であるご住職には、残念ながらお会い出来なかったけど
  奥様がご親切に、裏山に石碑がある事など教えて下さいました♪
                                                   トマコ


お寺さんの上♪

  登ってみようかと思ったけど、軽装でフツウの靴だったのであきらめました^^;
  そんなに険しくは無いけど、傾斜も急で道は無いので
  いつか、それなりの恰好をして、また上がらせて頂こうと思います。
                                                   トマコ


セリ科?

  熊山というこの山の斜面には、野草も色々咲いていました♪
  このお花はせり科? 人参のお花に似ていました。
                                                   トマコ
  熊鰐の話しはトマコによく聞きますが、ご子孫がおられると聞くと
  色々な伝説といわれる話しも、真実味が増す気がしてきます。
  1700年も前のお話しですが、その頃から私達の祖先もどこかに居た・・・
  と思うと、ちょっと親しみが湧いてきます(^^)
                                                   トマオ


岡垣の魚鳥池跡?

  説明に書いてあった魚鳥池跡にも、友人が案内してくれました(^^)
  魚鳥池なら、若松区の田んぼの中にもあったけど・・・
  ここが本当だとすれば、当時はこの辺りまで洞海湾が広がっていたのでしょうか?
  どちらが本当の場所でも違っても、熊鰐さんが魚鳥池を作って
  神功皇后をお慰めした事は、きっと本当なんだろうな。
                                                   トマコ


しゃしゃんぽの説明♪

  魚鳥池跡の説明かな?と思って見てみると、珍しい木の説明でした^^;
  しゃしゃんぽという木で、これほど大きいのは珍しいのだそうです。
                                                   トマコ


しゃしゃんぽ♪

  せっかく魚鳥池の話しは伝わっているのに、案内が無いならもったいないなぁ。
  古い歴史は、誰かが語り継いだり石碑などを残しておかないと
  だんだんと忘れ去られていくのかな!?
  そう思うと、こうしてブログに書いておく事も、意味がある様な気がします。
  私はなんでもすぐに忘れてしまいますしね(^_^.)
                                                   トマオ 

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
【2013/08/24 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
桜井神社♪糸島
木の鳥居♪

  伊勢の二見ヶ浦の朝日に対して 夕日の筑前二見ヶ浦として有名な
  桜井二見ケ浦から少し入った所に、桜井神社があります。
  後でわかったのですが、正規の参道は別の場所にあり
  私たちが入ったのは、駐車場側の鳥居からでした。
  木のシンプルな鳥居に、なんだか特別な雰囲気を感じます。
                                                   トマコ 


楼門へ♪

  古めかしくて立派な楼門が見えています。
  桜井神社は、寛永9年(1632年)に黒田二代藩主黒田忠之(ただゆき)公によって創建され、
  筑前国の信仰の拠点でありました。今日でも筑前の守護神として広く崇敬をあつめています。

  だそうで、筑前国の守護神なら北九州市内もお守り下さっている事になります。
  黒田忠之公は、筑前福岡藩の第2代藩主であり、父は黒田長政公です。
  黒田官兵衛は、黒田長政の父であり、大河ドラマで来年放送されますね。
                                                   トマオ 


 画像をクリックすると大きくなります♪
岩戸宮参拝の説明♪

  岩戸宮の参拝のお作法の説明があります。
  これも帰ってから調べて意味がわかった事ですが、古墳と思われる
  岩戸が開口した事が神社の始まりであり、その岩戸神社があるのです。
  残念ながらこの時は気づかず、見過ごしてしまいました~(^^ゞ
                                                   トマコ


県指定文化財の説明♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
本殿♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
拝殿と楼門♪

  創建された当初は、色彩豊かなとても綺麗な神社であったそうです。
  今もその形はそのまま残り、色はわからなくなっていますが
  最近になって、修復されて色が見られる場所もあったそう!
  もっと落ち着いて観れば良かった~(^^ゞ
                                                   トマコ


狛犬様に角♪

  狛犬に、小さな角がありましたよ。
  桜井神社は大きな神社ですが、神社の方はどなたも見当たらずとても静かで
  森に囲まれた境内は、歩いているだけでも気持ちが良かったです。
                                                   トマオ


右側の狛犬様♪

  帰ってから改めて御由緒を調べてみると
  由緒:慶長15年(1610)旧暦6月1日から2日暁にかけ、
  桜井の里を中心に雷鳴轟く大豪雨の中、岩戸神窟の口が開き、
  霊験あらたかな神様が出現されました。それから奇瑞多く、
  遂に筑前二代国主黒田忠之公も聞き及ばれ、自ら参拝し、
  大いに稜威を感じ、社殿造営を発願されました。
  寛永6年(1629)着工、寛永9年(1632)に檜皮葺三間社流造りの
  絢爛豪華で彩色豊かな本殿と社殿、及び境内整備が壮麗を極めて完成しました。
  本殿は昭和52年に、拝殿・楼門は平成9年に、太鼓橋・池周囲石垣は平成15年に、
  県重要文化財に指定されました。
  本殿正面の石階段上約200mの所には、寛永2年(1625)の創建で、
  伊勢の内宮外宮の分神を一宇に奉斎する桜井大神宮が幽邃森厳の中に鎮座しています。



楼門と拝殿♪

  楼門と拝殿の距離が近くてビックリ♪
  理由があるのかどうかは、全然わかりません(^^ゞ
                                                   トマコ


拝殿♪

  静かな所だけど、お参りに来られる方は途切れない雰囲気でした♪
  由緒書きによると、豪雨で岩戸が開いて神様が現れたとありました。
  その当時は、記録に残るほど霊験深い事が次々に起こったそうで
  黒田のお殿様のお耳にも届き、ご自信もご体験されたのだそうです。
                                                   トマコ 


長い拝殿と奥の本殿♪

  現代では、そんな話しは信じがたいような気持ちになりますが
  もしかしたら本当の事だったのでは無いかと思うような 
  荘厳な雰囲気が 桜井神社にはありました。
  神社の始まりはそう古くないけど、ここはずっと古代からの聖地だったのかな!?
  二見ケ浦の夫婦岩は、昔は竜宮の入り口と呼ばれたそうです。
  竜宮といえば、唐津では浦島太郎の亀さんがコワかったのを思い出しました(^^ゞ
  糸島から唐津はすぐそこだし、福岡市よりの志賀島にも伝説は残っているそう。
  糸島は伊都の国だし、古代からの史跡なども多く残る所です。
  きっと、色々な言い伝えがあるんだろうな♪♪
                                                   トマコ


お潮井♪

説明♪

一つ頂きました♪

  トマコの言う事はあまりわかりませんが(^_^.)
  とても有難い気持ちになりましたので、お潮井を頂いて帰りました。
  家を綺麗にした時に、お祓いさせて頂こうっと。
                                                   トマオ


参道と石橋♪

  今回は、大急ぎで参拝させて頂きましたが、
  いつかまた、ゆっくり訪れてみたいと思っています♪
                                                   トマコ
  糸島のドライブは、海が見える場所へと続きます^^
                                                   トマオ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
【2013/07/27 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。