葛篭棚田とくど造り民家へ♪日本棚田百選と、重要文化財

合所ダムを越えて・・

  吉井町を後にした私たちの次の目的地は
  うきは市浮羽町の山間にある、葛篭棚田(つづらたなだ) と、
  くど造り民家 平川家住宅です。
  山間の道に入り、合所ダムが見えます。ここにはカワセミもいるそうですが
  残念ながら会えませんでした(^^) もう昼下がりです。
  日が少しでも高いうちに棚田を見に行きたいのですが、間に合うかなぁ・・・
                                                     トマオ


かや葺き?

  トマオ  「ここがくど造り民家じゃないのか?」
  トマコ  「そんなはずないよ。 地図じゃもっと先よ~」

  葛篭棚田を目指して登る山間の道沿いに、かやぶき(?)の屋根のお宅がありました♪
  見るからにキレイな佇まいで、個人の方の住宅の様です(@_@)
  あまりにキレイなので、車から降りてみました。 
                                                     トマコ


もみじ?

  玄関先に植えられているもみじが、もう紅葉しているのか?
  まだまだ晩秋にならないと見られないと思っていましたが・・・
                                                     トマオ


真っ赤なもみじ♪

  トマコ  「真っ赤に紅葉してる♪」
  トマオ  「ほ~・・・ 今年初のもみじの紅葉を見たな(^^) 山は早いなぁ。」


 小さい画像はクリックすると大きくなります♪
つくね芋?むかごだ♪








  トマオ  「何か植えてるぞ・・・ 左のは山芋の葉にしては大きいなぁ・・・」
  トマコ  「つくね芋じゃない? あ! 右のはムカゴが付いてる(^^)」
  
  通る道々に、土壁の倉や綺麗な花や川などが目に付きますが、日が西に傾きかけ・・・
  心惹かれる景色を車窓に身ながら、葛篭棚田へ向かいます。
                                                     トマオ


見えてきた!

  トマオ  「随分上まで来たなぁ・・。 見えてきたぞ!」
  トマコ  「ここよ! 絶対ここよ! ず~っと上まで田んぼがある!(^^)!」

  車を降りてみると、川のせせらぎと鳥の声だけが聴こえます。
  静かな静かな山間部に、棚田がどこまでも続いている様に見えました♪
                                                     トマコ


石垣に西日が♪

  一つ一つの棚田には、石垣が積み上げられています。
  全てが、ここでお米を作ってこられた方々の手で積み上げられたのでしょう。
  この石垣と田んぼが見渡す限り続き、ため息が出るような美しさです。
                                                     トマオ
  

上まで登ってみた♪

  ずっと上の方まで登ってみました♪ まだ明るくて良かった(^^)
  もう稲刈りは終わってるんだ・・・ 黄金色の稲穂も見てみたかったけど
  もう収穫が終わった田んぼの風景は、秋の終わりの静けさを感じさせてくれました。

                                                     トマコ

お彼岸頃には彼岸花が咲くそうです♪

  お彼岸頃には、300枚ほどある棚田のあぜに
  50万本もの彼岸花が咲き、アマチュアカメラマンで賑わうのだそうです。
                                                     トマオ 
  トマコ  「綺麗なんだろうね。 でも今日来られて良かったね。」 
  トマオ  「そうだな・・・。賑わうのが似合う場所じゃない気がするよなぁ・・・」


日本棚田百選♪

  この山間の集落「葛篭」地区の棚田は
  日本棚田百選に選ばれているのだそうです。 素晴らしい風景でした。
                                                     トマオ


今度こそ?

  トマコ  「ねぇ! あれがそうじゃない? ススキの向こう♪」
  トマオ  「はぁぁ?? 普通の家じゃないのか~?」
  トマコ  「絶対そうだって! ほ~ら 案内版も出てるじゃん~」

  普通のお宅の屋根しか目に入らず、通りすぎかけて怒られました(^_^;)
                                                     トマオ


平川家住宅

  葛篭棚田から、少し回り道をした方向の集落の中に、めざす民家がありました。
  国指定 重要文化財の くど造り民家 平川家住宅です。
  ここは個人の方の住宅で、お断りしてから中も見せて頂きました。
  かやぶきの屋根が三つも連なり、近づいてみると圧倒されました(@_@)
                                                     トマオ


くど造りとは?

  くど造りとは、小さな屋根を組み合わせ、
  棟(むね)が、T、L、冂 などの形になっている民家だそうで
  九州の民家の中でも変わった外観で知られているそうです。
  佐賀平野を中心に西は長崎県、東は福岡県の一部や
  熊本県北部に見られるそうです。
                                                     トマオ


ちちち

  このかやぶき屋根は、平成19年3月から6月にかけて
  全面掛け替えが行われたのだそうです。 凄い数の萱(@_@)
                                                     トマコ


土間フラッシュ撮影








  快く、中も見せて頂きました。 とても懐かしい雰囲気の土間です~
  私の父の実家は、古い普通の家だったけど、私が子供の頃は土間があって
  おくどさんもありました! 中にジャガイモを放り込んだこともあった(^^)
  ホントに懐かしい・・・ 
                                                     トマコ


居間?天井








  トマコ  「うちのお祖母ちゃんちも昔はこんな木の扉があったよ!懐かしい~」
  トマオ  「天井が凄いぞ! 屋根の葺き替えは大変だっただろうな・・・」



いろいろな・・・古い道具があった








  ここ、平川家住宅には、生活用具や農機具など
  往時を偲ばせるものが数多く保存されているそうです。
                                                     トマオ


外には金木犀が香っていました♪

  平川家の外に出ると、どこからともなく良い香りが・・・♪
  着いたときには住宅に見とれて気づかなかったみたい(^^ゞ
  すぐそばに、大きな金木犀の木がありました。
                                                     トマコ
  今回の、佐賀・福岡の町や道の駅めぐりも
  前回同様に、ワル猫さんのブログを頼りに回らせて頂きました。
  良いところばかりご紹介頂き、どうもありがとうございました(^^)
  最後は、途中で頂いたパンフレットや地図のおかげで
  思いがけない素晴らしい景色や、文化財との出会いもありました。
  今回も、とても楽しい思い出に残る旅でした。
                                                     トマオ

 3つのランキングに参加しています。
 下記のバナーをクリックしていただけるとランキングに反映されます。
 みなさんのクリックが私達の励みになっています。いつも応援ありがとうございます♪
FC2ブログ 野菜部門ランキングへ参加しております。            応援のクリックよろしくお願いします。にほんブログ村  果樹・野菜ランキングへ参加しております。            応援のクリックよろしくお願いします。人気ブログ 花・ガーデニングランキングへ参加しております。         応援のクリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト



【2008/10/20 06:19】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(27) | page top↑
<<真弓・ミゾソバ♪里芋三種試し掘り | ホーム | 紅乙女酒造の庭♪と、白壁の町へ>>
コメント
合所ダムには行ったことありませんでしたが・・・そうですか、やはりかなり登るんですね・・・

棚田・・・大変な手間だと思いますよ、大型の機械とかは入れられないでしょうし・・・でも、この棚田は自然のダムとしての役割も果たしていますよね・・・

田植え直後の棚田もきれいだと聞きました・・・夕日に映える棚田・・・佐賀県にも棚田百選に選ばれたところがあるのですが・・・まだ行ってなかったな~

田植え頃は忙しくて・・・(笑)

くど作りの民家は高校時代に郷土の歴史を勉強するってことで見学に行きました・・・
かやぶきはもう数えるほど残ってないでしょうね・・・手間がかかるし・・・火災にも弱いし・・・

むかごの畑あったんですね・・・私は探しそこねました・・・ つくね芋によく似た葉っぱだな~


【2008/10/20 07:51】 URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集] | page top↑
とっても素敵な旅だったようですね^^
こんなに立派では無かったけど祖母の家を
思い出しました。私が子供の時は土間も家の中に牛小屋もある茅葺きの家でした。
子供ながら釜から上がる湯気がなんだか
嬉しくてワクワク♪炊きたてのご飯を
おひつに移す祖母の姿。。。

とっても懐かしい光景が目の前に広がるようで何度も何度も見返してしまいました^^;
保存も手間もかかるでしょうが残って欲しい
光景ですね*^^*
【2008/10/20 13:45】 URL | hana #-[ 編集] | page top↑
今日は浮羽町だ~!
棚田は行ったことありますよん♪
彼岸花の頃に行きました。
しかし、ずいぶんと前です。
でも、変わらずきれいだな~。

浮羽の山を下りられたって聞いて、
はて・・・浮羽に行くとこなんてあったっけ??(失礼!)
と思っていたらここに行かれてたんですね!

民家は初めて見ました♪
こんなところがあるなんて~。
すごいぞ 浮羽!

旧浮羽郡をいろいろ回っていただいて、
私の知らないところもいっぱいあって・・・
こうやって、ふるさとを紹介してもらえるのはすごく嬉しいです(*^_^*)
トマオさん、トマコさんありがとう!

次はぜひ夏に来てくださいね~。

【2008/10/20 14:59】 URL | なお #-[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/20 15:03】 | #[ 編集] | page top↑
懐かしい感じが・・・・・・
私が物心ついた頃、借り家のボロイ長屋に住んでいて、その長屋の屋根がわらぶき屋根でした。(笑)子供心に「わらぶき屋根は貧乏な人が住む家」と思っているところがありましたが、今の私はとても貴重な建築物だと感じます。
屋根を葺き替えられる職人が、年々減ってきているということなどを聞くと、仕方ないと思いながらも残念な気がします。
土間は、実際には使い勝手が良いとはいえないと思うのですが、江戸ものが好きな私としては、とても憧れます。(笑)
美しい棚田も見て、私も心が満たされました。
【2008/10/20 15:16】 URL | anrianan #rzttc8MI[ 編集] | page top↑
わ~~~きれい きれい きれい~~(~o~)
湖ですよね?
かやぶき屋根の民家・・・・・、沖縄のやんばるにもあったけど、
今もあるかな~?
紅葉も きれい~(*^_^*) 真っ赤だな~♪ 真っ赤だな~♪

むかごって、そんな風に生るんですね~。 面白い芋だ~。
やっぱり、風景が ぜんぜん違います。
段々畑だ! 山もきれい きれい~♪
ひゃ~ もう~うっとりだわ~。
こんな景色を見て歩くだけで いいです~。 行ってみたい~(^・^)

ちなみに・・・・私も長~いお散歩をして来たのですが・・・・、
あまりの風景の違いに、圧倒されました。
ありがとうございました~。
【2008/10/20 18:30】 URL | mana #cFDUgT.c[ 編集] | page top↑
日本棚田百選ってあるんですね。
知りませんでした(^^;)
綺麗な棚田って、見ているだけで穏やかな
気持ちになるのは私だけ?(笑)
自然豊かな場所ですね!
【2008/10/20 18:56】 URL | ポム・ド・テール #u.2ZbkdY[ 編集] | page top↑
こんばんは~~
棚田はこちらにもあります
日本百選に選ばれてかどうかはわかりませんが、かなり有名です。
これを維持していくことは大変なことだと思います。
いつまでも残しておいてほしいですね~~
お二人仲良くとても素敵な旅で羨ましいです~~
にぎわったところもいいですが、しっとりと晩秋の風景もいいですね~~
【2008/10/20 20:31】 URL | no-rikon #-[ 編集] | page top↑
素敵です!!
「まんが日本昔ばなし」の風景みたい!

こちらも、澄んでいて空気が良さそう~
しかも、もみじまで!早いですね~
棚田も美しい。 芸術作品ですよ! 
【2008/10/20 20:38】 URL | 果林 #-[ 編集] | page top↑
すてきなところですね~~~
棚田・・・こちらにもありますが、こんなにすごくないかも~~~
かやぶき屋根・・・子供の頃住んでいた家は、かやぶき屋根にトタン板をかぶせた家でした。
小学生の頃、かや刈りについていった事があります。
しばらく保存して、屋根葺きに使われたと思います。
かやぶきの屋根は、台風など風が強い日には黒いすすが落ちてきたり、ムカデが落ちてきたりして・・・怖かったです~~~
土間もおくどさんも、ありました~~~
どれもこれも懐かしいです(*^_^*)
【2008/10/20 22:42】 URL | ぴよぴよ #x7SNgv4U[ 編集] | page top↑
棚田の風景はどのカットも美しいです。
厳しい自然、傾斜地でも、何代もかけて石を積み、お米を作ってきたんですね。
お米の収穫も終わったら冬の足音が聞こえてきそうです(*^ワ^*)
【2008/10/20 22:57】 URL | ジョーさん #-[ 編集] | page top↑
もう紅葉ですか。
山は早いみたいですね。

本当にすばらしい風景!
一度訪れてみたいです。

金木犀、今開花しているんですね。
こちらはかなり前に終わってしまいました。
本当によい香りですよね。
【2008/10/20 23:22】 URL | yu #-[ 編集] | page top↑
棚田の風景は、夏に旅した北琵琶湖でも見ましたが、いつ見ても、凄いなぁーーーと!!

カタチが美しい!!
石垣をつみあげた人たちの丁寧な作事にまず、一礼したくなります!!
根気良く、ひとつ、ひとつですもん!!
石を持ち運ぶことだけをとっても、真似できませんョーーー凄いですねぇーーー
くど造りっていうんですかーーー
こちらもきれいなわらぶき屋根ですね!!
やわらかーいフォルムに惹かれます
むかごも、きんもくせいも、彼岸花が50万本咲いていることをイメージしてもーーー
しみじみとした味わい深い旅ですね!!
いつか、訪ねてみたいと思いましたーーー♪
【2008/10/21 00:28】 URL | マルコ #-[ 編集] | page top↑
ワル猫さんへ

おかげで、今回もとても充実した旅になりました♪
どうも有難うございました!(^^)!

実は、佐賀には棚田があちこちにあると聞いていて
棚田を一度見てみたいと思っていたんです。
そしたら、頂いたパンフレットや地図に載っていて
福岡にもあったんだ~と感激!
すぐ近くにくど造り民家もある様で、これは是非にと行きました。
どちらもご存知だったんですね~
棚田は、おっしゃる通り、作業が大変だろうな~と・・・
くど造りは、佐賀の鍋島藩と関係が深いという説を見ました。
佐賀に一番多いんですね。 それも後で知りました(^^ゞ
こっちでは、学生のときに行った人はいないんじゃないかな~
こういうところを、まだ若い人たちに見て欲しいな~
大事にして欲しい、貴重な財産だと思いました。
【2008/10/21 01:32】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
hanaさんへ

とってもステキな旅でしたよ(^^)
旅というには近い場所だったけど、
こんな所が県内にもあるなんてこれまで知らなかったので、
とても貴重な体験になりました♪

hanaさんのお祖母ちゃんのおうち・・・
そんなステキだったんですね!
私も、おくどさんで炊けるご飯の湯気とか
いつも土間にいた祖母の姿を思い出しましたよ(^^)

本当に、ずっと残していて欲しい、大切な宝物ですね。
【2008/10/21 01:33】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
なおさんへ

彼岸花の咲いてる葛篭棚田は、キレイでしょうね。
想像してみただけでワクワクします。
でも、見物客が多いと・・・(>_<)

あれぇ なおさんは、平川家住宅をご存知なかったんだ!! 
300年程前の江戸時代に建てられたそうで、重みのある建物でしたよ。
彼岸花の咲く頃は、棚田と平川家住宅に観光客が押し寄せて
県道が狭いため離合もままならず、渋滞するそうです。
この日は、他にダレもいなくてラッキーだったカモ(^^)

浮羽の方って、気持ちのいい所がたくさんありますねぇ。
まだまだ見たいところがたくさんあったのですが、時間が足りず ・・・
また、そのうち浮羽に遊びに行かせてもらいます(^o^)丿
【2008/10/21 01:34】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
anrianan さんへ

古い物の良さに気づいたのは、
私も大人になってかなり過ぎてからです(^^ゞ
日本には、古くからの素晴らしいものが沢山あるんですね。
こういった貴重な建物を、いつまでも残していて欲しいですよね。
簡単では無いんだろうけど、心からそう思いました。
土間でおくどさんでご飯を炊くなんて、今の生活からは
到底ムリだろうな~とは思うけど、やっぱり憧れます♪
幼い頃の記憶も手伝ってるんだろうけど(^^)
懐かしいものやキレイな風景に出会って
とても心が和みました♪
あんりさんにも喜んで頂けて良かったです。
【2008/10/21 01:34】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
manaさんへ

本当に綺麗で静かなところでした~(^^)
湖・・・う~~ン・・・ダムかな?
でも、見た目はまるで、広い湖ですよ♪

へ~! 沖縄にも萱葺きの屋根があるんですね。
こっちのとは、また違った雰囲気なのかな・・・

そう♪ 真っ赤だな~♪真っ赤だな~♪
まるで童謡や童話の世界にいるようでした(^^)
こんなステキな風景が、いつまでも残っていて欲しいですよね。
私も、福岡県内にこんな所があったなんて知らず
ホントにビックリ嬉しかったです~
いつか見せてあげられるといいな♪

ムカゴって、実なんですよ。
面白い生り方でしょう?
manaさんちの山芋にはムカゴは出来ないのかな?
山芋系ならなんにでも出来るもんだと思ってました(^^ゞ

さっきmanaさんのお散歩にも付いてって来ましたよ♪
こちらでは見られないステキな風景を
いつも見せてもらえて、私こそありがとう~です!(^^)!
【2008/10/21 01:35】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
ポム・ド・テールさんへ

もちろん 私達も日本棚田百選があることを 今回初めて知りました。
なんと 農林水産省が認定を行っていることを知り ビックリしております。

熊本は、百選に選ばれたところが11ヶ所もあるようですよ。
ポムさんも1度観に行かれたらどうですか!?
穏やかな気持ちになるのは、私達もです(^^)
【2008/10/21 01:35】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
no-rikonさんへ

後継者不足や労働者不足等の問題をかかえ棚田を維持するには、
並々ならぬ努力が必要なんでしょうね。
いつまでも、美しい棚田を維持して欲しいものですが・・・

毎週 週末は畑作業に追われて、二人でなかなかゆっくりする時間が
とれなかったのですが、今回の旅行は、思い切って畑を休み ゆっくりと遊びました。
とても楽しかったですよ(^^)
【2008/10/21 01:36】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
果林さんへ

ステキでしょう♪
まさに、童話や童謡で出てきそうな風景でした(^^)
空気が澄んでて、風が気持ち良くて、静かでのどかで・・・
日本って素晴らしい(笑)
棚田はまさしく芸術ですよね!
長い時間をかけて、少しずつ少しずつ積んで
出来上がったのでしょうね~
こんな景色を果林さんにも見せてあげたい~♪

【2008/10/21 01:36】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
ぴよぴよさんへ

傾斜地にある田圃であれば棚田でしょうから、
どの地域にも棚田はあるのでしょうね。
うちの畑もある意味野菜作りの棚田のようなもの・・・
棚田で働く方の気持ちが少し分るよな気がします。

ぴよぴよさんが、昔 住まれていた家もかやぶき屋根だったんですね。
みなさんのお話をお聞きしていると、結構かやぶき屋根の下で
生活されていた方が多く驚いています。

ゲゲ!! ススはともかくムカデが落ちてきたりしてたんですか・・・
そらぁ 恐いは。。。

私は、若いからコンクリート瓦の屋根しか知りませんが・・・
ウソでした(^▽^笑)
【2008/10/21 01:37】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
ジョーさん へ

棚田の風景は、四季折々いろんな顔を観せ私達を楽しませてくれます。
きっと棚田をみて心が和むのは、ふるさとの風景として
日本人の心の中に刻まれているからでしょう。

冬に雪が積もった棚田の風景も また一興でしょうね(^^)
【2008/10/21 01:37】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
yuさんへ

私達も もみじの紅葉は、今年初めて見ました。
山深いところですから、紅葉も早いのでしょうね。
今から紅葉の季節、楽しみです。

棚田にかやぶきの屋根の家、日本人の郷愁にかられる風景でいい所でした。
yuさん きんしゃい 福岡へ(^^)
【2008/10/21 01:38】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
マルコさんへ

法面に石を根気よく積み上げて作り上げられた 見事な棚田をみると感動します。
まさしく 農民が作った日本のピラミッドですね(^^)

当時の人たちも石垣を作るのは大変だったでしょうが、
現在では、石垣職人が少なくなり これを保存していくのも大変な事のようです。
なんとか石垣技術を継承して棚田を守ってもらいたいものです。

棚田にかやぶきの屋根の家、佐賀に田主丸と白壁の町、とても実りの多い旅でした。
お土産には、自然の美しさと優しさを持って帰りました(^^)

【2008/10/21 01:38】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
最初の茅葺きのおうちはうちとよく似ています。天井裏の合掌造りも。

いい風景で見とれてしまいました。
【2008/10/21 22:05】 URL | 楓山 #S0NL222Y[ 編集] | page top↑
楓山さんへ

楓山さんのご自宅は、昔に建てられたしっかりとしたお家でしたね。
古民家は、築100年や200年の家がたくさんありまが、
今までもったのは、通風が良かったからのようですね。
夏も冬もエアコンなしで快適に暮らす家、
今の私達にとっては。理想の家です。
【2008/10/21 22:39】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://happytomatodesu.blog96.fc2.com/tb.php/514-bb719a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |