スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
川茸♪日本唯一の産地へ

川茸元祖 遠藤金川堂

  秋月をあとにした私達は、川茸を探して
  1793年創業の川茸の元祖 遠藤金川堂 さんを訪ねました。

  トマオ  「静かな所だなぁ。この近くで採れてるんだろうか?」
  トマコ  「よし♪ 聞いてみよう! 突撃レポート開始(^^)」

  お店の方に尋ねると、なんと思いがけなくも製造過程を見せて下さるそうです!
  写真を撮ってブログに載せても良いと、本当に快く親切に案内して下さいました。
  感激です!(^^)!



川茸の由来

  川茸についても説明がありますが、よく読めません(^^ゞ
  調べてみると、川茸とは学名をスイゼンジノリといい、4億年前から生きている藍藻類で、
  綺麗な川を漂う。 良質の炭水化物・たんぱく質・ミネラルを含む。
  1763年に遠藤幸三衛門さんが所有の川に流れる藻を発見し、1793年に創業。
  江戸時代には秋月・黒田藩の幕府への献上品とされていた、貴重で高級な天然の
  淡水のり。 日本では唯一ヶ所、 この朝倉市屋永地区でしか量産されていない
  大変、貴重な物だそうです。



上流の川水をここに引き込んで・・・

  では早速中へ・・。 あれ? 誰もいない~(><”)  みなさん川へ行かれてる様です。
  上流から流れてくる川茸が、綺麗な地下水をくみ上げているここに入る様になっていて、
  時々、ザリガニやスッポンまで入ってくる事があるそうです(@_@)

  トマコ   「ひゃ~(@_@) 指は大丈夫なんですか?」
  お店の方 「今までは咬まれた事無いです。(^^)
         そのスッポンは料理屋さんで料理してもらいましたよ。」



キレイな川水で選別を行う作業場

  そして、ここで選別作業をするんだそうです。 見たかったな~。
  お店の方  「是非またお越し下さい(^_^) 川へ行かれますか?」
  と、川で採っている場所を教えて下さいました。
  川茸の商品は、塩漬けにしてある物や、板状の物・佃煮などがありましたが、
  店頭には置いていない生を詰めて下さいました~!(^^)!
  いきなり来たのにこんなに親切にして頂いて、本当に有難うございました。



養魚河川(川茸養殖)

  遠藤金川堂さんの、川茸養殖の看板(?)があります。 この辺りのハズなんだけど・・・。
  穏やかで澄み切った川の水がサラサラと流れて、周りは田園風景が広がっています。



川茸養殖

  どれかが川茸なのかなぁ?? 誰もいないし・・。あれ? 向こうの方にいっぱい人が!(^^)!
  すみませ~ん♪ 休憩中にもかかわらず、またまた案内して頂く事に♪
  あれ? そういえばトマオは?
  車の所に居た!ハヤクコッチヘキテヨ!! 目で呼びました(~o~)



川茸採りの方

  遠藤金川堂の方々は本当に親切です。 わざわざ川に入って説明して下さいました。
  川茸採りの方によると、この川にも地下水が流れる様にしてあって、
  水温が年中16~17℃に保たれていて、
  菖蒲が植えてあるのは川茸が流れないで引っかかる様にするためだそうです。
  美味しい川茸を狙って白鷺がやって来るそう・・。



川底に川茸がたくさん

  ト マ コ     「この黒いのが川茸なんですか?」
  川茸採りの方 「そうですよ~。こうやって採って、このままでも食べられるんですよ。」
  水がとても綺麗で澄み切っています。アメンボも浮んでいました。



ほ~ら こんなに

  「ほら、これが川茸です。
  うちでは昔ながらのやり方で、 全部丁寧に手作業でやってるんですよ。
  これを瓦にのせて干して、板状ののりにもします。
  これにさっとお湯をかけると、綺麗な緑色に変わります(^^)」

  いっぱいいっぱい説明して下さいました。 ここへ来て良かった!
  温かい方々にふれあえて、貴重な川茸も見られて、
  こんな経験は滅多にあるもんじゃありません(^^) 心から、有難うございました!



白サギ

  トマオ  「あいつらだ! 川茸を狙う白鷺軍団がいたぞ!」
  トマコ  「すっごくキレイな鳥なんだけど、川茸から見れば害鳥なんだ(^^ゞ」



アオサギ?

  トマオ  「いっぱいいるなぁ・・。 あの灰色のはアオサギかな? 川茸喰うなよ~っ」
  さぁ、最後の目的地の朝倉三連水車の駅へGO!



朝倉 三連水車

  あ~ 日暮れ前に間に合った(^^) 朝倉の三連水車の駅に着きました。
  ここにはワル猫さんもこられたそうです。 詳しい説明の記事があります♪



15kgの黄金千貫

  道の駅の中に入ってみました。

  トマオ  「すっげ~(@_@) 15キロもあるサツマイモだ! 焼酎の原料かぁ・・」
  トマコ  「横にある青いミカンはスィートスプリング! もう食べられる時期なんだ~」



今日の収獲

  今回の収獲です!? 川茸・秋月の月の峠のパン・同じく秋月のお菓子屋さんで見つけた
  栗パイ・拾えなかった銀杏は100円でゲット♪ そして朝倉の道の駅では、
  作ってみたいつくね芋とヤーコンを発見。 珍しい赤カブも見つけました。
  無料で頂ける料理のレシピも遠慮なく~(^^)
  キレイな景色に美味しい物・温かいふれあいの一日が終わりました。 満足満足♪



          寂 と し て   池 の 辺 り の 白 鷺 の
          冬 の 日 ま さ に   暮 れ な ん と す

                                    <トマ爺 雑記帳より>

 3つのランキングに参加しています。
 下記のバナーをクリックしていただけるとランキングに反映されます。
 みなさんのクリックが私達の励みになっています。いつも応援ありがとうございます♪
FC2ブログ 野菜部門ランキングへ参加しております。            応援のクリックよろしくお願いします。にほんブログ村  果樹・野菜ランキングへ参加しております。            応援のクリックよろしくお願いします。人気ブログ 花・ガーデニングランキングへ参加しております。         応援のクリックよろしくお願いします。


スポンサーサイト
【2007/12/01 08:42】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<水仙♪イヨカン・小ミカン収獲 | ホーム | 紅葉・葛・川茸の秋月へ♪>>
コメント
水が澄んでいて綺麗な川ですね。
綺麗な水だからこそ、美味しい川茸がとれるんですね。
実際に川茸の作業をしている画像は初めて見ました。
貴重な体験をされたんじゃないでしょうか(^^)

お土産のパンも美味しそうです(笑)

【2007/12/01 11:55】 URL | ポム・ド・テール #u.2ZbkdY[ 編集] | page top↑
ガッツありますね~
芸能レポーター張りの凄いレポート恐れ入りました。普通はそこまで〇の皮厚く・・・いや、黄金川は冷たいようでした(笑)

まさに、遠藤金川堂のホームページと見まがうばかりの見事な写真ですね。アングルもほとんど同じというからビックリです。

川茸は、ここ以外にもホントはあるのでしょうけど、採取して商品になっているのは日本でここだけみたいですね。

あの生のイメージが私が食べたやつです。鮮やかな緑色していました。お湯をかけてあるんですね。フムフム~、レポーターさんありがとうございます。

シラサキ、アオサギが川茸狙っているんですか・・・日本でここしかないっての知っているのかな~トマト家のブログ見たの~

黄金センガンは、見た目イマイチですよね。焼酎以外に普通に美味しいのかな~、売ってあるから美味しいんでしょうね。

さてさて、盛りだくさんの一日でしたね。でも、温泉なし?時間が足りなかったのでしょう。今度はもう少し足を伸ばしてお泊りですか~

楽しいレポートありがとうございました。また、お願いします。野菜に関係あるレポートならよろしいのでは。道の駅巡りとか・・・

【2007/12/01 21:06】 URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集] | page top↑
トマオさんとトマコさんの突撃レポート
最高です

川茸といったら、こちらでは御懐石の煮物椀にちょこんと入っているくらいで、とてもとても
おそばと一緒になんてーーームリです
築地の珍味屋さんくらいでしか入手できないかもーーー
とっても解かりやすく、楽しいレポートで
写真やコメントにくぎづけになっちゃいましたーーー
川茸って、ぐにゃぐにゃしていて一種の菌なのかなぁーーー山の岩茸を思い出しましたーーー
それにしてもおふたりのかけあいリポートは
知りたいところをしっかりおさえてくださって
とてもイイですョーーー
第二弾、第三弾も期待しています
白鷺が食べるのは虫だけかと思っていましたが、川茸もたべちゃうんですね
いろいろ勉強になりましたーーー
トマ爺の句も昨日にひきつづき素敵です
【2007/12/01 21:19】 URL | マルコ #-[ 編集] | page top↑
川茸
NHK番組、鶴瓶の「家族に乾杯」に勝るとも劣らない、筋書きで「川茸」をご紹介されて、心に残る記事です。

朝倉の三連水車で、ワル猫さんの記事にリンクされて、アングルの違う三連水車がアップされるので、すごく効果がありました。
【2007/12/01 23:09】 URL | 楓山 #-[ 編集] | page top↑
ポム・ド・テール さんへ
川茸が採れるキレイな川を維持するために
川の水質管理や清掃が大変みたいですよ。

生産者の苦労を知ると一味違って、
ありがたくいただくことができますよね。
私達にとって大切な思い出の味となりました。

カレーパン美味しかったですよ。
それにしても食べてばかりの旅行でした(^^)
【2007/12/01 23:31】 URL | トマオ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
ワル猫さんへ
アハハ(^^) お褒めいただいてありがとうございます。
なんならワル猫さんの追跡調査やりましょうか~(^▽^笑)

さすがワル猫さん よく川茸のことご存知ですね。
仰る通り、日本では唯一 黄金川でしか量産されていないようです。
川茸を食べられたのは、酢の物ですか??
私は、あのプヨフヨ感がやみつきになりそうです。
シラサギやアオサギも美味しいものをよく知ってるって事でしょう。
白菜にヨトウムシ!? 例えが悪いな~

15kの黄金センガンは、展示品で三連水車の駅では売っていませんでしたよ。
食べるとどんな味なんでしょうね!?
ワル猫さん 作ってみて(^^)

次は、一泊旅行で温泉に入りに行きま~す。
よろしくですm(__)m
【2007/12/02 00:41】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
マルコ さんへ
最高のお褒めの言葉 ありがとうございます。
この記事は遠藤金川堂さんに親切に応対していただきましたので、
書くことが出来た記事です。
遠藤金川堂さんに感謝、感謝です(^^)

東京では川茸を手に入れるのは難しんですね!?
こちらでも貴重な川茸ですが、価格はお手ごろで入手できますよ。
川茸は仰る通り、菌で藍藻類の一種だそうです。
シラサキやアオサギには、川茸を食べるのはご遠慮願いたいものですね。

トマ爺も またまた喜んでいると思います。
そう言って頂けると私も嬉しいです。
ありがとうございました。


【2007/12/02 01:11】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
楓山 さんへ
ありがとうございます。
私達が感動した気持ちを少しでもお伝えできればと思って書いた記事ですが、
楓山さんやみなさんに感じていただいてとても嬉しいです。

鋭いですね!!
実は、三連水車の写真はワル猫さんと同じアングルで撮ったものもありましたが、
画像がダブっても面白くないなぁと思い、この写真を選びました。
恐れ入りました(^^)
【2007/12/02 02:38】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
楓山さんのおっしゃるとおり
「家族に乾杯」ですね、テレビのバラエティはあまり見ないのですが、NHKのこの番組は面白いですね。心がポカポカします。

それに勝るとも劣らない見事なレポートです。とても私達にはここまでのバイタリティはありません。でも、いいですね、こんなレポートされたなら、ブログの記事書くとき楽しいですよね。

最近温泉あまり行ってない(以前は毎月必ず二回以上行っていました)ので、そのレポができません。自分が気に入ったところを皆さんに紹介して楽しいんで欲しいですよね、
行かなくても行った気分になってもらえばと思います。その意味では、このレポートは私のなかではトップランキングですよ。

負けずに温泉お泊りレポートしないといけないですが、予定ありませ~ん。訳ありで~す、金なし?アハハ
【2007/12/02 09:06】 URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集] | page top↑
ワル猫さんへ
再度のコメントありがとうございます。
「家族に乾杯」 ぶっつけ本番の出会いの旅を繰り広げた番組で
地元と方との会話が大変興味深くそして面白いですよね。
私の好きな番組の一つですが、「家族に乾杯」と比較され褒めていただけるなんて
とっても嬉しいですが、恥ずかしいです。

この記事の作成は、もちろん楽しかったですが、
ワル猫さんやみなさんから頂いたコメントが
私達の小さな旅行の思い出を何倍にも膨らませていただきました。
記事にして良かったとつくづく思います。
また、記事から何かを感じていただければ幸いです。
ブログ仲間同士で、お互いの楽しかったことを共有できるなんて最高ですね。

ワル猫さんの突撃レポート 期待します。
きっとすごいだろうなぁ(^^)
【2007/12/02 10:08】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
タイトルで、川茸って何だろう?!
と、思って一気にレポートを読んでしまいました!
初めての訪問でここまでの取材、お二人のオーラを感じます v-10
川茸ってのりなんですね…
茸の字が入っているから川からキノコが?と思っていましたよっ(笑)
とっても綺麗な川でないと生まれて来ないんですね。
美しい風景と相まって、大切にしたいなーと感じました。
次回は温泉!わーいいんだぁ e-224
突撃レポート楽しみにしていますね!

【2007/12/03 09:21】 URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集] | page top↑
gerogeroさんへ
川茸・・私も最初はキノコ類だろうと思ってました(^^♪
私達のずうずうしい申し出に、快く応対して下さった遠藤金川堂の方々には感激でした。
さすが老舗ですよね~。
面の皮が厚くて得しました(^O^)
こういうキレイな所へ行くと、環境を大切にしたいって、
改めて思いました♪
伝統を守って下さる方々も・・・。
農閑期の真冬は温泉のチャンス♪
ホントに行けるといいな~。
【2007/12/03 17:58】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://happytomatodesu.blog96.fc2.com/tb.php/216-dea633d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。