スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
織幡神社♪武内宿祢の沓塚
織幡宮拝殿♪

  宗像市鐘崎にある、織幡宮を訪ねた続きです♪
  約2年ほど前にお話しを聞いたので、忘れていたり記憶違いなどがあるかもしれませんが
  頂いた資料などを元に、私の備忘録としても整理しています^^
  古くは宗像大社と並ぶほどの賑いがあったそうで 格式高い神社です。
  主祭神は、武内大臣(たけしうちのおおおみ)とお読みすると教えて頂きました。
  神功皇后をお助けした武人の、武内宿祢の事です。


 画像をクリックすると大きくなります♪
ご由緒♪

  ご祭神の中に他に、壱岐真根子臣(いきのまねこおみ)の名前もあるのですが
  壱岐真根子とは、武内宿祢とよく似ていた方で 武内宿祢の身代わりとなって
  亡くなったと言われている方です。
  神職の方によると、つい最近まで(二年前の時点で)
  壱岐氏が織幡宮を守っておられたそうです。
  その方は壱岐真根子のご子孫なのですか?とお尋ねすると、
  そうだとおっしゃっていました。
  熊鰐さんのご子孫は、岡垣町の西園寺のご住職でおられたし、
  神話の世界・・と思っていた神様やお供の方々のご子孫がおられる・・・
  それは、私にとっては身近に神話が息づいている証の様に思えています^^


古い狛犬さん♪

  狛犬さんが古そう~^^ ユニークで可愛かったです♪
  織幡の名の由来は、「369年に神功皇后が宗像大社に征新羅の神勅を給うとあり
  鐘崎で赤白の旗を織って、竹竿に付けた」事からだそうです。
  日本書紀には、「413年2月 阿知使主ら、呉国より筑紫に帰りし時、胸形大臣より
  工女を乞われ 連れてきし兄媛・乙媛・呉織・穴織のうち兄媛を奉る」
  とあるそうで、織幡宮から遠くない縫殿神社に この四人の姫が祀られているそうです。
  幡を織る姫も居た・・・竹竿は北九州市の勝山勝田神社付近で調達した。
  帆柱は熊鰐さんたちが帆柱山から切り出した。 
  と、私の中で繋がる様になったのは、ひもろぎ逍遥さんのブログを読んでからです。
  縫殿宮についても、ひもろぎ逍遥さんで詳しく語られています。
  私は、津屋崎古墳群に行った時偶然に前方後円墳の上にあるお宮に行きましたよ^^
  こうして伝承の場所を見つけたりすると、神社や史跡巡りがいっそう楽しくなります(^^)v   


銀杏の木♪

  境内にあった大きな銀杏の木♪
  これは山口県の忌宮神社に伝わる木の子孫だと書いてあります。
  忌宮神社には、骨董市に行ったり 長府の散策で訪ねたりしましたが
  実はとても歴史深く 功皇后は夫である仲哀天皇とともに7年間仮の皇居として
  おられた 豊浦宮と呼ばれた神社です。
  そこから持ってきたと言われる銀杏の木が、鐘崎にあったんですね~


沓塚♪

沓塚♪

  武内宿祢は、神功皇后の後の天皇にもお仕えして 300歳を超えたとも
  伝えられているそうですが、『因幡国風土記』逸文には、360歳のときに因幡国に下向し、
  そこで双履を残して行方知れずとなり、双履が残されていた
  鳥取県鳥取市国府町の宇倍神社に 武内宿禰を祀るとの記述がある ウィキペディアより

  と、載っていますが この織幡宮にも武内宿祢の沓塚があります。
  私のまったく勝手な想像ですが。いくらなんでも何代もの天皇にお仕えしたり
  300歳を超えて生きていたとは思えないので、神功皇后にお仕えした武内宿祢が
  ここ織幡に近い地で没したのかも!??
  その後も、武内宿祢の名で呼ばれた方があったのでは??
  こうして妄想するのも、神社巡りで伝承にあった時の楽しみです(^^)  


石棺出土場所?
  
玄界灘♪

  2年ほど前の事で記憶が定かでないのですが、石棺が出土した場所だったかな^^;
  その石棺は、また埋め戻されたとおっしゃってたと思いますが
  いったいどなたのお墓なのでしょうか・・・
  玄界灘が見える 静かな高台です♪


小賀玉の木♪

  そしてこの日、一度見てみたいと思っていた木にも出会えました♪
  神社などによく植えられているという、オガタマノキです。
  現在 天岩戸神社と当社に残る貴重な木だと書いてあります。
  どういう意味だろう~?


階段のすぐ上で♪

  オガタマノキは、その後別の神社でも出会いましたが
  この織幡宮のオガタマノキが貴重な理由、またお訊ねしてみたいです^^
  

花が咲いていました♪

  ちょうど花が散る頃で、階段に花びらが落ちていたのを
  一緒に行った友人が見つけてくれました^^
  織幡宮でお会いした神職の方には、他にもお訊ねしたい事があり
  その後二度ほど訪ねたのですが、この日以来お会い出来ていません。
  なので、またお伺いしたいなと思っています♪


本♪

  ひもろぎ逍遥の管理人の綾杉るなさんが、本を出版されました♪
  福岡県内の神功皇后の伝承がある神社を、詳しくご紹介されています。
  神宮皇后と伝承にご興味のある方には、願ってもない本だと思います(^^)v
  私も、このガイドブックとともに逍遥してみたいと思います。
                                                      トマコ

  勝手ながら、この記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは 開いたコメント欄やメールフォームをお使い下さいね。
スポンサーサイト
【2014/02/27 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。