スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
埴生神社♪月瀬八幡宮・惣社宮
埴生神社へ♪

  トマコの去年の神社巡りのお話しです。
  友人と、中間市にある埴生神社とその近くの神社巡りをしたそうです。
  埴生神社は埴生公園内にあり、埴生公園は春には2千本もの桜が咲く名所でもあります。
  ここから先は、トマコにお任せします(^_^.)
                                                      トマオ


鳥居♪

扁額♪

  昔 仲哀天皇が、神功皇后と熊襲征伐のため御船でこの地を訪れ、航海の安全を祈願し
  船魂の神を祀ったとされる                           ウィキペディアより


  埴生神社には、神功皇后が来られたという言い伝えがあるのですね♪
  船で来られたという事は、当時この辺りは海だったという事!?


 画像をクリックすると大きくなります♪
ご由緒♪

裏側回ると♪

  埴生神社から車で10分ほどで、私の父の里がある鞍手町です。
  以前 鞍手の叔父から 昔は海だった場所から今でも塩が出ると言うお話しや
  従妹夫婦と観に行った、古月の横穴墓で観た古地図を思いだしながら友人と歩きます。


ウォーキングコース♪

  ウォーキングコースにもなってるんですね!
  おっと・・・夫がお邪魔しました(^_^.)
                                                      トマオ


埴生羅漢百穴♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
説明♪

  埴生公園内には、埴生羅漢百穴と呼ばれる横穴墓群があります♪


横穴♪

羅漢♪

  古墳時代後期(約1400年前)のお墓で、多くの副葬品が出土し、
  中間市の歴史民俗資料館に展示されています。
  昭和32年(1957年)に福岡県の文化財に指定されました。



池♪

  赤い橋がかかるこの池は、古代の海の名残かも!?
  神功皇后が来られた時は、この池は海だったのかもしれません^^


 画像をクリックすると大きくなります♪
ウォーキングマップ♪

  桜の咲く頃にまた、来てみたいです♪
  ウォーキングとしては、そんなに疲れない軽い感じでしたよ^^


月瀬八幡宮♪

  埴生神社から車だと5分ほどの底井野の地に、月瀬八幡宮があります。
  友人が宮司さんをご存じのご縁で、この月瀬八幡宮で思いがけない
  素敵な体験をさせて頂く事となったのですが、それはまた後のお話しで^^ 
  この時も、とっても親切な宮司さんに 色々なお話しを伺う事が出来ました。


 画像をクリックすると大きくなります♪
猫城址♪

  猫城址という城跡の説明は、拡大してご覧くださいね。
  月瀬八幡宮では、天満様と恵比寿様もお祀りされてあり、江戸時代から続くという
  恵比寿大祭が、毎年12月3日に行われています。
  そして菅原道真公との関わりも深く、底井野という地名も道真公の由来だそうです。


境内♪

  福岡城主であった黒田家ともご縁が深いというお話しや
  遠賀川で隔てられた中間市と底井野は、昔は底井野が裏街道で賑っていたお話し・・・
  底井野の地から、北海道の開拓に尽力された方がある事などなど
  多くの興味深く 貴重なお話しを教えて頂きました。


 画像をクリックすると大きくなります♪
古文書♪

  とある古文書のコピーも見せて頂きましたよ~^^
  あらためて神社という場所や宮司さんは、その地元の歴史を守り 語り継ぎ
  文化を伝承されている事を、色々なお話しから感じる事が出来ました。


惣社宮♪

  月瀬八幡宮の宮司さんは、中間市の惣社宮の絵馬を描かれているそうです。
  帰り道で、惣社宮にも参拝して絵馬を見てきました♪


絵馬♪

  今年の絵馬も、また参拝させて頂きがてら見せて頂くのが楽しみです♪
  実は、月瀬八幡宮の宮司さんに 古代のお話しもちょこっとお伺いしたのですが
  人口もとても少ない大昔から信仰していた場所では、石などを祀っていて
  今のように立派な鳥居や拝殿などは ずっと後の時代の事だとおっしゃっていました。
  惣社宮は、それくらい古い神社で 詳しい事はわかっていないそうです。


扁額♪

  友人のご縁で突然お邪魔して、こうして貴重なお話しを伺った私達は
  12月3日のえびす大祭にも参加させて頂きました♪
  えびす大祭では、江戸時代から伝わる料理でもてなして下さったのですが
  そのお話しは、また後日です^^
                                                      トマコ

  勝手ながら、この記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは 開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2014/01/18 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。