スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
常栄寺雪舟庭♪山口の名産品
お土産お食事処♪

  山口市の散策は続きます♪
  瑠璃光寺を後にして、お土産屋さんを覗いてみました。
                                                   トマコ


しそわかめ♪

  おいシソーなものがいっぱいでしたよ(^_^.)
                                                   トマオ
  しそわかめなら、北九州市内でもよく売ってます(^^)v
  私はこれを、ご飯にまぶしておにぎりにするのが大好きです♪
                                                   トマコ


のどぐろめし♪

  ふぐは有名ですし鯛もよく知っていますが、のどぐろは珍しいなぁ!
                                                   トマオ


ぶちうまいけぇ♪

  「ぶち」は、「ぶち寒い」「ぶち美味い」「ぶち真面目」というふうに、
  「非常に」「すごく」「たいへん」という意味の山口弁です。



外郎試食♪

  外郎(ういろう)は、私の中では名古屋と山口が有名だと思っていました♪
  他の各地にもあるそうだけど、一説には福岡県の博多が発祥ともいわれてるそうです。
  でも、福岡県内で外郎が有名なお店は知らないです^^;
  山口県の外郎は、中原中也もよく食べていたそうです。
                                                   トマコ
  試食だけですみません(^_^.)
                                                   トマオ


萩焼♪

高価でした♪

  萩焼は慶長9年(1604年)に藩主毛利輝元の命によって、朝鮮人陶工、
  李勺光(山村家)李敬(坂家)の兄弟が城下で御用窯を築いたのが始まりとされる。
  古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器で知られる焼き物である。



大内人形♪

  大内弘世は、京から姫を嫁に迎えましたが、姫が都を懐かしみ寂しがるので、
  慰めるために京から人形師を呼び寄せ、屋敷中を人形で飾ったそうです。
  そんなロマンチックな伝説が男女一対の珍しい漆塗り人形である、
  大内人形を生んだといわれています。



常栄寺へ♪

  途中で美味しい食事やデザートを頂きましたが、次回にご紹介しますね(^^)
  山口市の歴史や文化を訪ねる散策の最後は、常栄寺雪舟庭です。
                                                   トマオ


雪舟さん♪

  瑠璃光寺で、ボランティアのガイドさんに教えて頂いたのですが
  雪舟は、大内氏の庇護を受け、画室雲谷庵(山口県山口市天花)を構え
  多くの絵を描いたり 庭を手掛けたと言われているそうです。



右側の門へ♪

  常栄寺(じょうえいじ)は、山口県山口市宮野下平野にある臨済宗東福寺派の寺院。
  後庭は雪舟等楊の作と伝えられ、「常栄寺庭園」(通称:雪舟庭)として、
  国の史跡および名勝に指定されている。



入り口の秋♪

ホオズキ♪

野の花や瓦?

ヤイトバナ♪

  入園料は大人一人300円です♪
  中に入ると、秋の野の花が迎えてくれました^^
  畑にもどこにでも咲くヤイトバナが、さりげなく活けられていて素敵でした。
                                                   トマコ


石庭♪

  上がらせて頂くと、まずは石庭が目に入ります。
  ここはまだ雪舟庭園ではありませんが、思わず見とれてしまいましたよ。
                                                   トマオ


素敵なご夫婦が眺める先に♪

  なんだか素敵なご夫婦が眺める先に・・・♪
                                                   トマコ


雪舟庭園♪

  今から約500年前、妙喜寺の時代に、大内政弘が別荘として、
  画僧雪舟に築庭させたものと伝えられる、雪舟庭園が広がっていました♪
  音声で説明が流れていて、座って庭園を眺めながら聞きました。
                                                   トマコ


富士山♪

  この岩が富士山でしょうか!?
  雪舟庭と伝えられる庭は大分県耶馬渓でも観た事がありますが
  雰囲気が似ているような気がしました。
                                                   トマオ


カエル♪

  お寺さんに居た、小さなカエルさん♪
                                                   トマコ


常栄寺を後に♪

  山口市は 室町時代には大内文化が花開き 西の京と謳われます。
  関ヶ原の合戦後は毛利氏の唯一の所領となり、明治維新の原動力を生み出していき
  歴史と文化が色濃く残る山口県。
  その中にあって山口市は、大内文化や多くの歴史が息づき、
  文化の薫る街として今に至っています。


  次回は、瑠璃光寺周辺の美味しいものをご紹介させて頂きますね(^^)
                                                   トマオ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは 開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2013/10/21 06:00】 | ドライブ・お出かけ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。