スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
薦神社♪道の駅しんよしとみ
薦神社♪

  九重や湯布院方面へ 山歩きなどへの行き帰りの道は、
  北九州市~中津~宇佐~安心院~湯布院~九重ルートを通る事があり
  安心院から中津方面には、トマコの好きな遺跡や神社が多く
  帰り道が明るいうちに何か見つけたら、寄り道命令が発令されます(^^)
                                                   トマオ
  一年くらい前の事です(^^ゞ
  薦神社・・・八幡神祖宮?? 探してみよう~っ!
                                                   トマコ 


 画像をクリックすると大きくなります♪
ご由緒♪

  薦神社(こもじんじゃ)は、大通りから入ってからがわかりにくく
  人に尋ねてようやく行き当てましたよ。
                                                   トマオ
  八幡神の祖って どういう意味なんでしょう?
  八幡神といえば総本宮の宇佐神宮は、ここから近い場所です。
  ご祭神は 応神天皇(八幡大神)、比咩大神(宗像三女神)、息長帯比売命(神功皇后)
  宗像市にある 宗像大社の宗像三女神もご一緒です。
  そういえば宇佐神宮とも同じご祭神で、宗像三女神が祀られている・・・。
  と、なんとなく思った事が 後日安心院の神社を見つけた事にも繋がるのでした^^
                                                   トマコ 


森のような参道♪

  迷って探し当てた薦神社は、駐車場側から入りました。
  参道かどうかわからなかったけど、大きな木が沢山の森の中にある
  広くてひっそりとした古い神社の印象でした♪
                                                   トマコ


狛犬と♪

獅子♪

  なんだか愛嬌のある狛犬様です♪

  薦神社は、大分県中津市に所在する八幡宮で、別名大貞八幡宮(おおさだはちまんぐう)
  とも称される。境内の三角池(みすみいけ:古くは「御澄池」と記すこともある)を内宮、
  神殿を外宮とする。全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の祖宮といわれ、
  承和年間(834-848年)の創建と伝える古社である。             ウィキペディアより



神門が見えた♪

  立派な神門が見えてきました。
  とても個性的と言いますか、これまで見た事のない雰囲気です。
                                                   トマオ


 画像をクリックすると大きくなります♪
説明♪

  中津藩主細川忠興により再建された神門は、
  昭和63年(1988年)に国指定重要文化財に指定されています。
  小倉藩にもおられた細川忠興公は、小倉の前には中津におられたんですよね。
                                                   トマオ


神門は閉じられて♪

  近づいてみると、とっても立派な神門に驚きました♪
  ここからは入れなくて、拝殿を探します。
                                                   トマコ


まわりこむと♪

拝殿がありました♪

  神門から回り込んでみると、拝殿がありました♪
  ご祭神のお話しに戻りますが、宗像三女神については
  『日本書紀』巻第1神代上第6段一書第3の条によると
  則ち日神の生れまする三の女神を以ては、葦原中国(あしはらのなかつくに)の
  宇佐島に降り居さしむ。今、海の北の道の中に在す」とあり、
  最初は宇佐の地に降り立ったことを示している。               ウィキペディアより
 

  え? 宗像三女神って、宗像のご出身では無かったんですね?
  古代の事って、興味をもってみると不思議が色々です。
                                                   トマコ 


ニャンコ♪

  私は、境内にいたニャンコと遊んでました(^_^.)
                                                   トマオ


大きな木♪

  神社や史跡などに興味をもつ様になり、楽しみに拝見しているブログがあります。
  ひもろぎ逍遥 というブログなのですが、神功皇后の事や神社のことなどなど
  え?っと驚くような福岡県内や近辺の 古代の歴史にまつわるお話しがいっぱいで
  読んでいると、私のフシギは殆ど解決してしまうくらいです^^
  そして、ナゾ解きのように地元の歴史や神社を知っていく事はワクワクします。
  るなさんのおかげで、神社や史跡巡りがいっそう楽しくなっています。
  薦神社もご紹介されていますので、ご興味のある方は是非♪
                                                   トマコ


へぇぇ♪

神様の足跡♪

  薦神社を訪ねたのは一年位前なのですが、最近友人が貸してくれた本に
  八幡神は御許山をご神体とする宇佐地方の信仰に発するともいわれていますが
  宇佐神宮社伝によれば、欽明天皇32年(571年)童子の姿で菱形池のほとりに現れた。

  と書いてあるのですが、この三角池にも現れたのでしょうか??
                                                   トマコ


三角池♪

  薦神社の三角池です♪
  この池そのものがご神体であり、三角池に自生する「真薦」を刈り取って
  池の敷島で乾かし、宇佐八幡宮の「御枕」にしたと伝われているそうです。
  薦神社という名前は、ここからきているのですね。
                                                   トマコ


道の駅しんよしとみ♪

上毛町案内図♪

  薦神社をあとにして、帰途につきました。
  道の駅しんよしとみは、上毛町にある大きな道の駅です。
                                                   トマオ


びったれ餅♪

  私は父によく、片付けないとビッタレだと言って叱られてました。
  ビッタレって、豊前方面の方言だったんだ~
  父の里の筑前鞍手方面の方言かと思ってました^^
                                                   トマコ


からあげチップス♪

  上毛町は、福岡県豊前市と大分県中津市の間にある町ですので
  大分県の名物も置いてあります。
  中津といえば、から揚げは有名になっていますね。
  からあげチップスは頂いた事がありますが、本当にから揚げ風味です^^
                                                   トマオ 


シャコのかまぼこ♪

  シャコのかまぼこ? 初めて見ました♪
                                                   トマコ


シロイモ?

  シロイモの茎?
  うちの畑のハスイモの茎に似ていますよ。
                                                   トマオ


魚ロッケ&コロッケ♪

  わ♪ 魚ロッケ発見! コロッケもどっちもお安いです^^
  魚ロッケは佐賀県の名物だったと思いますが、福岡県内でも見かけます。
  魚のすり身のカツで、美味しいんですよね。
                                                   トマコ


定食リーズナブル~♪

  小腹が減ってましたが、これを見たら食べたくなってしまいました(^^)
                                                   トマオ


おまかせ定食と♪

うどん定食♪

  私はうどん定食で、トマコがおまかせ定食です。
  どちらも500円とは、驚きの価格とボリュームでしたよ。
  約1年前の事ですので、現在はもしも違っていたらすみません(^_^.)
                                                   トマオ


大ノ瀬官衛遺跡♪

  道の駅しんよしとみのすぐ裏手には、大ノ瀬官衙遺跡があります。
  奈良時代の豊前国上毛郡衙の役所跡で、建物の建ち並ぶ様子がよくわかり、
  律令期の地方官衙の一形態を示す貴重な遺跡だそうですよ。
  平成10年12月8日に、国指定史跡となっています。
  日も暮れてきて、この日はこれで帰りました(^^)
                                                   トマオ
  続けて、安心院で見つけた神社と物産館のご紹介です♪
                                                   トマコ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは 開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2013/09/14 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。