スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
桜井神社♪糸島
木の鳥居♪

  伊勢の二見ヶ浦の朝日に対して 夕日の筑前二見ヶ浦として有名な
  桜井二見ケ浦から少し入った所に、桜井神社があります。
  後でわかったのですが、正規の参道は別の場所にあり
  私たちが入ったのは、駐車場側の鳥居からでした。
  木のシンプルな鳥居に、なんだか特別な雰囲気を感じます。
                                                   トマコ 


楼門へ♪

  古めかしくて立派な楼門が見えています。
  桜井神社は、寛永9年(1632年)に黒田二代藩主黒田忠之(ただゆき)公によって創建され、
  筑前国の信仰の拠点でありました。今日でも筑前の守護神として広く崇敬をあつめています。

  だそうで、筑前国の守護神なら北九州市内もお守り下さっている事になります。
  黒田忠之公は、筑前福岡藩の第2代藩主であり、父は黒田長政公です。
  黒田官兵衛は、黒田長政の父であり、大河ドラマで来年放送されますね。
                                                   トマオ 


 画像をクリックすると大きくなります♪
岩戸宮参拝の説明♪

  岩戸宮の参拝のお作法の説明があります。
  これも帰ってから調べて意味がわかった事ですが、古墳と思われる
  岩戸が開口した事が神社の始まりであり、その岩戸神社があるのです。
  残念ながらこの時は気づかず、見過ごしてしまいました~(^^ゞ
                                                   トマコ


県指定文化財の説明♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
本殿♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
拝殿と楼門♪

  創建された当初は、色彩豊かなとても綺麗な神社であったそうです。
  今もその形はそのまま残り、色はわからなくなっていますが
  最近になって、修復されて色が見られる場所もあったそう!
  もっと落ち着いて観れば良かった~(^^ゞ
                                                   トマコ


狛犬様に角♪

  狛犬に、小さな角がありましたよ。
  桜井神社は大きな神社ですが、神社の方はどなたも見当たらずとても静かで
  森に囲まれた境内は、歩いているだけでも気持ちが良かったです。
                                                   トマオ


右側の狛犬様♪

  帰ってから改めて御由緒を調べてみると
  由緒:慶長15年(1610)旧暦6月1日から2日暁にかけ、
  桜井の里を中心に雷鳴轟く大豪雨の中、岩戸神窟の口が開き、
  霊験あらたかな神様が出現されました。それから奇瑞多く、
  遂に筑前二代国主黒田忠之公も聞き及ばれ、自ら参拝し、
  大いに稜威を感じ、社殿造営を発願されました。
  寛永6年(1629)着工、寛永9年(1632)に檜皮葺三間社流造りの
  絢爛豪華で彩色豊かな本殿と社殿、及び境内整備が壮麗を極めて完成しました。
  本殿は昭和52年に、拝殿・楼門は平成9年に、太鼓橋・池周囲石垣は平成15年に、
  県重要文化財に指定されました。
  本殿正面の石階段上約200mの所には、寛永2年(1625)の創建で、
  伊勢の内宮外宮の分神を一宇に奉斎する桜井大神宮が幽邃森厳の中に鎮座しています。



楼門と拝殿♪

  楼門と拝殿の距離が近くてビックリ♪
  理由があるのかどうかは、全然わかりません(^^ゞ
                                                   トマコ


拝殿♪

  静かな所だけど、お参りに来られる方は途切れない雰囲気でした♪
  由緒書きによると、豪雨で岩戸が開いて神様が現れたとありました。
  その当時は、記録に残るほど霊験深い事が次々に起こったそうで
  黒田のお殿様のお耳にも届き、ご自信もご体験されたのだそうです。
                                                   トマコ 


長い拝殿と奥の本殿♪

  現代では、そんな話しは信じがたいような気持ちになりますが
  もしかしたら本当の事だったのでは無いかと思うような 
  荘厳な雰囲気が 桜井神社にはありました。
  神社の始まりはそう古くないけど、ここはずっと古代からの聖地だったのかな!?
  二見ケ浦の夫婦岩は、昔は竜宮の入り口と呼ばれたそうです。
  竜宮といえば、唐津では浦島太郎の亀さんがコワかったのを思い出しました(^^ゞ
  糸島から唐津はすぐそこだし、福岡市よりの志賀島にも伝説は残っているそう。
  糸島は伊都の国だし、古代からの史跡なども多く残る所です。
  きっと、色々な言い伝えがあるんだろうな♪♪
                                                   トマコ


お潮井♪

説明♪

一つ頂きました♪

  トマコの言う事はあまりわかりませんが(^_^.)
  とても有難い気持ちになりましたので、お潮井を頂いて帰りました。
  家を綺麗にした時に、お祓いさせて頂こうっと。
                                                   トマオ


参道と石橋♪

  今回は、大急ぎで参拝させて頂きましたが、
  いつかまた、ゆっくり訪れてみたいと思っています♪
                                                   トマコ
  糸島のドライブは、海が見える場所へと続きます^^
                                                   トマオ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2013/07/27 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。