スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
平尾台♪野焼き後の風景
行橋から平尾台へ♪

  行橋市から北九州市への帰り道は、回り道をして平尾台を抜けました。
  平尾台へは、いつもは北九州市側から上がって北九州市側に下りていますが
  行橋市側から上がり、北九州市へと下りて帰る事にします。

                                                   トマオ
  トマコ  「あれ・・・? 平尾台にこんな広い禿山あったっけ??」
  トマオ  「野焼き野焼き!」


橋みたい♪

  私は仕事中にたまに通りますが、この風景はいつもと違います。
  平尾台では2月下旬から3月上旬にかかて、野焼きが行われていますが
  野焼きが終わって間もない時期に来たのは、初めてです。

                                                   トマオ


ピナクルが見えた♪

  ピナクルと呼ばれる、石灰岩軍団が見えてきました♪
  焼け野原の中のピナクルは、はっきり見えて迫力があります。

                                                   トマコ


大平山も♪

  いつも歩く、茶ケ床園地の方にも回ってみました。
  大平山の方も一面が焼け野原で、独特の雰囲気に変わっています。

                                                   トマオ


向こうの方も丸焼け♪

  野焼きは知ってたけど、ここまで広範囲に焼いてるんだ・・・(@_@)

                                                   トマコ


キス岩♪

  ズーム! 羊群原と呼ばれるピナクルの中に、キス岩を確認出来ました^^
  みなさんには、キス岩がわかるかな~ わかんねだろうな~(^^)
  野草の花が咲く頃、また登ってみようと思います。

                                                   トマオ


小さなドリーネ♪

  緑の時期に来ても気づかなかった、小さなドリーネ♪
  平尾台では、ドリーネと呼ばれるすり鉢状の窪地が点在していて
  それが今は、はっきりとわかります^^

                                                   トマコ


見えなかった道♪

  これまで気付かなかった、未知の道もよく見える~(^_^.)
  考えてみると、これだけの広範囲で野焼きをしているのですから
  野焼きのための道も、出来ているはずですよね。
  こういった道は、草が茂ると全く見えなくなりますが
  この時期に散策しておくと、草原の時期に歩く時の参考になるかも!

                                                   トマオ


広大な野焼きの中で♪

  トマコ  「でも・・・キジとか野鳥や動物はどうしてるんだろうか・・・」
  トマオ  「そりゃ、向こうの森にみんな隠れたと思うぞ。」

  ケ~~~ン! どこからか、キジの声が聴こえました(^^)

                                                   トマオ


咲いていた♪

  黒い炭の残る焼野原の中に、花を発見!

                                                   トマオ


スミレ♪

  スミレです。
  小さな花ですが、力強さを感じさせられます(^^)

                                                   トマオ


焼いていない野原で♪

  野焼きをしていない草原も、少し残っていて・・・♪

                                                   トマコ


ヒメオドリコソウ♪

  ヒメオドリコソウたちが、踊っていました^^

                                                   トマコ


タンポポ♪

  タンポポ。
  少し散策して、出会った花は数種類でしたが
  4月の中旬頃から、平尾台では野草の花のシーズンになります。

                                                   トマオ


周防台の方♪

  広範囲に焼けた山を見ると、ビックリしますが
  焼かなければここは、あっという間に森に還り 人が簡単に入れなくなるのはもちろん
  消えてしまう草や、生きていけなくなる動物たちも居るでしょう。
  長い間の人間の手出しによって守られる自然も有りだと、知らされる光景です。

                                                   トマオ

 画像をクリックすると大きくなります♪
見晴らし台から♪

  やっぱりここは、希少な野草たちの楽園であり
  生き物たちの楽園で、あり続けて欲しいなと思います♪
  野焼きは危険を伴う作業であり、気を付けて守って下さいね。

                                                   トマコ


春霞♪

  北九州市へ下りる道は、春霞の中でした。

                                                   トマオ


麓の桜ととんがり山♪

  平尾台の麓で、いつも気になるトンガリ山♪
  3月23日 桜の花は、咲き始めたばかりでした^^

                                                   トマコ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2013/03/29 06:00】 | 北九州市 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。