スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
津屋崎古墳群♪手光波切不動古墳
手光波切不動古墳へ♪

  宮地嶽神社から車なら5分ほどの場所に、手光波切不動古墳があります。
  宮地嶽神社の古墳を見学した後、友人と古墳めぐりです♪
                                                  トマコ


 画像をクリックすると大きくなります♪
説明♪

  この古墳が開口したのは江戸時代の事らしいですが、去年の春に
  沖ノ島の祭祀遺跡からの出土品と類似する須恵器片、金銅製馬具の一部などが
  出土したことで、新聞などでも話題になりました。
  それでは、あとはトマコにおまかせだ~(^_^.)
                                                  トマオ


不動明王♪

  ところで、波切不動明王とは?
  弘法大師空海が唐からの帰国途中、嵐に遭遇し船が難破しかかった時に、
  木でを彫り上げた不動明王に、波がしずまる事を祈願されて
  波の中に投げ入れたそうです。
  その時に、不動明王の右手に持った利剣で押し寄せる波を切り裂き、
  波はおさまったそうです。
 

  
古墳へ♪

  手光波切不動古墳(てびか なみきりふどう こふん)
  手光とはここの地名で、大きな道路沿いの、民家の合間に参道があります。
  小さな山のように見えるのが、古墳そのものです♪


入口♪

  知らなかったら見過ごしそうなほどさりげなく、入口があります^^
  ちょうど出ておられた方にお声をかけて、入らせて頂きました♪


高さはこれくらい♪

  入口の高さは、これくらいです♪
  Mちゃんありがとう~^m^


大きな切り石♪

  手光波切不動古墳(直径約20mの円墳か方墳)は津屋崎古墳群(5~7世紀)
  60基の一つで、宮地嶽古墳から約1・5km南東に位置する。
   両古墳は古墳時代終末期の築造で、横穴式石室を持つ内部構造も共通している。
  (石室の長さは手光波切不動古墳10.8mに対し、宮地嶽古墳は23m。)

  
  このあと、津屋崎古墳群を通って帰りま~す♪


一番奥♪

  一番奥に、波切不動明王が祀られています。
  宮地嶽古墳と、中の雰囲気も良く似ています。
  大きさは半分位ですが、出土品などと宮地嶽古墳と共通点が多い事から
  やはり、豪族の首長の古墳であろうと考えられているそうです。
  お邪魔いたしました^^


津屋崎古墳群へ♪

  帰り道に、津屋崎古墳群があります♪
  この道は、北九州市から福岡市方面に行き来する時によく通る一本道で
  宗像の道の駅やあんずの里などがある、海沿いで山沿いの大好きな道です。
  通るたびに、古墳みたいなのが見えるなぁ・・・って思っていたけど
  正直、これまであまり興味がなくて、何気なく見るだけでした^^;


道路から見える古墳♪

  トマコ  「ほらほら! 車からいつも見える古墳!!わかるやろ??」
  トマオ  「コーフンするな~(^_^.)」

  
 画像をクリックすると大きくなります♪
新原・奴山古墳群♪

     画像をクリックすると大きくなります♪
説明♪

古墳の地図♪

  トマコ  「ねっ! 前方後円墳とかもあるんよ~知っとった??」
  トマオ  「知らん知らん~運転は前方後方注意~(^_^.)」

  ちゃんと道路沿いに、案内もあったんですね~(^_^.)
  こんなに沢山の古墳があったとは、知りませんでした!
                                                  トマオ


古墳群へ♪

  いつもは通り過ぎていた場所を、車を降りてMちゃんと歩いてみます♪
  あぜ道のような所を歩いて、古墳に近づけます。
  ここは田んぼの中?


これくらいの大きさ♪

  古墳の大きさは、小さいものでこれくらいです♪
  Mちゃんありがとう~^m^


史跡を発見♪

 画像をクリックすると大きくなります♪
説明♪

  史跡もありました♪
  山側の方に歩いて行くと、だんだんと古代へ誘われてゆく気分です。


古墳日和♪

  古墳日和~♪ なんて言葉は無いと思うけど、そんな感じの日でした^^


前方後円墳♪

  Mちゃん  「これって、前方後円墳?」
  トマコ    「そうカモ・・・」


畑にも古墳♪

  歩きながらMちゃんとも話したけど、こんなスゴイ場所が身近にあるのに
  学校で古墳の事を習った時、どうして社会科見学が無かったんだろう?
  前方後円墳は、習った奈良にしか無いのだろうと思い込んでました^^;
  私たちの頃は、郷土史を習った記憶はほとんど無いけど(私が覚えてないだけ?)
  今の子供さんたちは、どうなんだろう・・・
  自分たちが生まれ育った郷土の歴史、もっと知っても良いのに♪


古代の世界です♪

  ここを歩いていると、古代の世界に入り込んだような気分です♪


鳥居がある♪

  古墳群の中に鳥居が見えるので、行ってみます♪


縫殿宮♪

  縫殿宮と書いてあります♪
  そういえばこの辺りの縫姫のお話しを読んだ事があるのを思い出しました。
  機織りの技術が伝わった場所や、縫姫の墓所も近いのかも!?


祠♪

  上がってみると建物などはなく、祠の様なものがありました。
  もしかして、ここも古墳だったりして・・・!??
  なんて話して、帰って調べてみると本当にここは古墳でした(@_@)
  大きな前方後円墳なのだそうです。
  縫姫さまの墓所なのでしょうか・・・
  

キャベツ畑♪

  古代へとタイムスリップしていたMちゃんと私は
  キャベツ畑で、現世へと戻りましたとさ^^;
  帰りには、鐘崎貝塚や織幡宮へも寄りました♪
                                                  トマコ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。 
スポンサーサイト
【2013/03/09 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。