スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
宮地嶽古墳♪奥の宮不動神社
宮地嶽神社へ♪

  1月の終わりに、トマコが友人と宮地嶽神社に行ってきました。
  私と正月休みに参拝した時、不動神社の古墳に入れず
  古墳が公開される日に、改めて行ったというわけです^^
                                                  トマオ


静かな拝殿♪

  トマオと来たのはお正月明けで、とっても人が多かったけど
  この日は拝殿も静かで、落ち着いた雰囲気に包まれていました。
                                                  トマコ


日本一のしめ縄♪

  日本一のしめ縄も、ゆっくりと見上げます♪
                                                  トマコ


一直線の参道の向こうに♪

  そうそう♪ 一直線の参道の向こうには・・・^^
                                                  トマコ


海が見えた♪

  この日は綺麗に、海が見えていました(^^)v
                                                  トマコ
  トマコ  「Mちゃんと私は、晴れ女やね^m^」
  トマオ  「ハラホロヒレハレ~(・・?」


二の鳥居と宮地嶽♪

  いつも神社や史跡などなど、一緒に探検に行くMちゃんは
  宮地嶽神社で、一角獣の狛犬さんに会ったそうです♪
                                                  トマコ
  Mちゃん  「ほら♪ そこ~」
  トマコ   「え~~~前もここ通ったのに・・・」


狛犬様に・・・♪

  トマオと来た時は、探したのに気付かなかった~^^;
                                                  トマコ


角があった~♪

  なんだか愛嬌のある狛犬さんに、可愛い角がありました(^^)v
                                                  トマコ


獅子♪

  片方の狛犬(獅子)には、角はありません。
  狛犬に関するウンチクをもう一つ^^
  アウンの呼吸と言いますが、口が開いた方がアで、閉じた方がウンです。
                                                  トマオ
  トマオ  「そうだったよなぁ?」
  トマコ  「あ~・・・うん。」


なで牛さん?♪

  一角獣の狛犬さんを教えてくれたお礼に、なで牛さんを教えてあげるね♪
  ブッブ~~~ 大きすぎ~^m^
                                                  トマコ


こちらがなで牛さん♪

  小さななで牛さんは、もっと奥の方でした(^^)
                                                  トマコ


奥の宮へ♪

  参拝させて頂いて、奥の宮の方へと歩きます♪
  この日は、天気予報では積雪するかもしれないと言っていて
  北九州市から峠を越えて、宮地嶽まで来られるか心配していたけど
  ご覧のとおりの晴天になって、温かく迎えて下さった気がしました♪
                                                  トマコ


不動神社♪

  墳丘形状は大型の円墳で、直径は34メートル、横穴式石室の長さが約22メートルもある。
  今日内部をみることの出来るもののうち最大規模で、文字通りの巨石墳である。
  この種の埋葬施設で最大のものは奈良県橿原市にある巨大古墳見瀬丸山古墳で、
  約28メートルである。
  巨石墳として有名な奈良県明日香村の石舞台古墳でさえ約20メートルである。
                                               ウィキペディアより



後ろは古墳♪

   そう載っているほどの大きな円墳であり、巨石墳であるそうです。
  良く観ると、不動神社の後ろ側は大きな丘の様になっていますよ。
                                                  トマオ


古墳の入口に神社があります♪

  沢山の副葬品が出た事でも有名で、 馬具、頭椎大刀(かぶつちのたち)
  ガラス板などが国宝に指定されている(九州国立博物館に所在)。
  埋蔵品に日本一のサイズでもある大太刀や日本一の最高彫刻品・黄金の鐙等、
  超一級品が発掘された所から、宮地嶽の日本一伝説が生まれ、
  今日では大注連縄や大鈴、大太鼓等日本一の心を奉納される人々から成る
  「日本一信仰」で賑わっているのだそうですよ!
                                                  トマオ


初不動祭の祈願ロウソク♪

  1月28日は、不動神社の初不動祭で、古墳が開放されていました。
  祈願のロウソクを書いて・・・♪
                                                  トマコ

  
拝殿に入り♪

   それでは、不動神社の拝殿から古墳の中へと入らせて頂きます。
                                                  トマコ


ロウソクを立てます♪

  写真を撮っても良いのでしょうか?
  とお尋ねすると、入口付近までは良いですよ。
  と、快くおっしゃって下さいました^^
                                                  トマコ


古墳の入口♪

  拝殿の奥はすぐ、古墳の入口になっています。
  Mちゃんは宗像市の出身で、宮地嶽神社にも子供の頃から馴染み深く
  当時は、もっと簡単に奥まで入れたんだそうです。
                                                  トマコ


大きな石♪

  巨石が凄い・・・(@_@)
  こんなもの、どうやって作ったんだろう・・・素朴にそう思いました。
  ここから先は神様の領域なので、写真は控えます。
                                                  トマコ


振り返って♪

  どれほど奥深いか、入口の方をご覧くださいね♪
  現代の私たちでも立って歩けるほどの石室です。
  ここに葬られていたのは、どなただろう・・・?
  宮地嶽からもほど近い宗像市といえば、宗像大社があり宗像三女神は
  とても有名な神様ですが、宗像という地名は ムナカタという豪族の名前
  とも言われており、この地をおさめていた有力者であったそうです。
  それで、検索などで調べてみると、ムナカタ氏の墓であろう。
  という見解が殆どなのに、宮地嶽神社のホームページを読んでいると
  「北部九州には卑弥呼の末裔が居住し、磐井の乱で有名な糟屋屯倉(かすやのみやけ)
  も当社の目と鼻の先に位置します。
  そこで、この古墳には天人(あま=海人)族と思われる卑弥呼、
  その末裔磐井一族に縁の深い九州部族大国の大王が被葬されたと思われます。」
  と、書いてあるのです♪
  ミステリ~^^ どちらなのか、はたまた違う方なのか??
  真相は、今のところはナゾの様です。
                                                  トマコ


参道♪

  平日の、静かな参道です♪
  宮地嶽の周辺には、他にも古墳が多く残されています。
  友人との探検は、まだ続きます^m^
                                                  トマコ
  おっと~ その前に、次回は畑の記事ですよ~
  畑も、マジメに進めております(^_^.)
                                                  トマオ


生姜漬け♪

  そうそう! 参道で、懐かしい生姜漬けを見つけました♪
  ランチのお話しも、探検のあとに^m^
                                                  トマコ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2013/03/03 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。