スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
岡田宮♪福豆
岡田宮へ♪

  1月のある日友人と、北九州市八幡西区にある岡田宮に参拝させて頂きました♪

                                                  トマコ
  今回の記事は、トマコ一人で語ってもらいます(^_^.)
  それでは、よろしく~
                                                  トマオ


狛犬に♪

  狛犬が古い感じで、文政と彫られてあります。
  文政とは日本の元号の一つで、1818年から1830年までの期間だそうです。
  狛犬は、正確には向かって右側が狛犬であり、左側は獅子だとか・・・
  そして、江戸時代よりも古い獅子には、角がある事があるそうです。
  この狛犬は左側にあるから獅子で、江戸時代だけど・・・


一角獣の狛犬さん

  角があった~♪ 良くみないと気付かないような、短い角です。
  なぜだか、一角獣の獅子に出会うと嬉しくなります^^
  江戸時代よりも古い獅子に、角がある事が多いそうです。

神門♪

  岡田神社は、ホームページによると御鎮座2600年とあり
  大変古い、由緒ある神社です。

  古事記に神武天皇が東征の折に逗留したと記載されている古社で
  天・地・人の三ノ宮を有する 
  かつて崗地方(旧遠賀郡)を治めた熊族が洞海菊竹ノ浜(貞元)に
  祖先神を祀ったのが始まりとされ、そのためにこの地域一帯を『熊手』
  と号したといわれる。後、神武天皇が東征(神武東征)の途上に、
  この地に1年間逗留し八所神を祀ったとされ、
  神武東征にある岡田宮の候補地の一つである。
  仲哀天皇の時代には恭順した崗県主熊鰐の案内によって、
  神功皇后が岡田宮の八所神を奉祭したとの記事が日本書紀に載る。
  慶長10年、黒崎城が築城され黒崎宿が整備されると貞元から現在地へ遷座され、
  黒崎熊手の総鎮守として福岡藩はもとより長崎街道参勤の諸大名、
  上り下りの文人墨客より篤い崇敬を受けた。
                                      ウィキペディアより



拝殿♪

  日本書紀に 仲哀天皇と神功皇后が豊浦宮から香椎宮へと移動される間の記述があり
  熊鰐(クマワニ)という人が、案内されたそうです。
  その舞台が北九州市や近郊だと知って 地元の古代に興味が湧きました。
  熊鰐が、名護屋の大済を西門とす。と案内された言葉の名護屋岬という場所は
  戸畑区にあったと知り調べてみると、飛幡神社には名護屋神社が祀られていました。
  神功皇后のお供をされた、武内宿祢や熊鰐の名前は色々な場面で出てきて
  武内宿祢は、若松区の恵比寿神社でも祀られていました。
  仲哀天皇と神功皇后、そして武内宿祢は 他の神社でもご祭神とされていて
  地元の熊鰐さんは? どこかの神社に祀られているのだろうか?
  と思い、福岡県の神社誌で調べたところ、黒崎の岡田宮のご祭神だとわかりました。 


神額♪

  神額は、1707年に 黒田藩儒学者の貝原益軒が奉納されたそうです。
  貝原益軒は 養生訓や筑前国続風土記を書かれた江戸時代の学者です。
  地元の神宮皇后の足跡などを調べていると、よく筑前国続風土記からの
  抜粋や、説明の記事にあたります。 
  貝原益軒は 地元の歴史について書き遺して下さった方でもあります。
  その方も、大事に思われた神社なんですね~


御祭神♪

  ご祭神に、県主熊鰐命とあります~♪
  私が調べた限り、熊鰐さんが祀られている神社は、他にはわかりません。
  まだご紹介していない 別の神社で出会った方にお聞きした事によると
  熊鰐さんの子孫の方は、現在も続いておられるそうです。
  古代からずっと、続いている・・・ってスゴイ(^^)
  よく考えると、私たちひとりひとりもそうなのだけど・・・


 画像をクリックすると大きくなります♪
ご由緒♪

  黒崎の岡田宮は、私の両親が結婚式をあげた神社でもあります。
  祖父が健在の頃まで母方の里が黒崎にあり、熊手商店街の近くでした。
  その熊手という地名は、熊鰐さんと深い関係があった。
  私には身近で懐かしい場所や地名なので、ビックリ!
  身近なところで、古代の神様たちは見守って下さっている様な気持ちになります。
  そう思うとまた、地元の歴史を伝えて下さっている神社に 
  感謝とともに興味が増します。


本殿♪

  岡田宮は神武天皇が東征の折りに、滞在されたという候補地の一つです。
  現在の岡田宮は慶長10年に、貞元から現在地へ遷座されたとあったので
  神武天皇の岡田宮候補地は、ここでは無いのですね?
  と社務所でお尋ねすると、近所の一宮神社だと教えて下さいました(^^)
  また今度、一宮神社にも訪ねてみたいと思います♪


梅の花♪

  境内の紅い梅の花が、咲き始めていました♪
  岡田宮のある場所は、旧長崎街道の通りも近いです。
  旧街道も散策したけど、その前に・・・美味しいものもご紹介です^m^


ばばば

  今年の節分は、岡田宮の福豆で豆まきをしました♪
  

びびび

  そしてこのお豆が、香ばしくて美味しかったです♪
  別の美味しいもののご紹介は、やっぱり街道を歩いてからです^m^
                                                  トマコ
  トマコたちは、何を食べたんでしょうね~
  神社のお話しも楽しかったですが(^_^.)
  食べ物の話しもまた、かんじんじゃ~
                                                  トマオ

  勝手ながら、今回の記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などは、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2013/02/09 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。