スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
紅影の池♪日吉神社
桜の頃♪

  魚鳥池から車で10分ほどの場所に、紅影の池を探しに来ました♪
  その辺りには、サクランボウ?が咲いていました。
  写真の季節からは、随分遅れてのご紹介となっています^^;
                                                  トマコ


二島の路地裏♪

  二島という地名の町の、路地を歩いています。
  昔は二つの島があったので、二島という名前が残っているそうです。
  地名には、色々なヒントが隠されている事が多く、地名は財産だと
  ある郷土史研究家の方がおっしゃったそうですが
  若松地区は昔から島郷と呼ばれ、島は文字通り島だった事からで
  郷という字は、農村である場所に付く名前だそうです。
  まさに、島で農村であった場所だという事になります。
                                                  トマオ


左側に♪

  まっすぐ行って左に曲がると、前にご紹介した石峰山の水上観音へ向かう道。
  私たちはここを何度か通っているのですが、いったいどこに紅影の池が?
                                                  トマオ
  トマコ  「およ~っ あったよ~! 知っとった~?」 
  トマオ  「俺は全く気付かんかった(^_^.)」


あった~♪

  右に曲がる道がある少し手前の左側に、寂れた感じの史跡がある~♪
  通った事がある道なのに、どうして気づかなかったんだろう・・・
                                                  トマコ


紅影池跡の碑♪

  熊鰐に案内された神宮皇后は、装束や化粧を直すために泉を覗き込むと
  透き通るように綺麗な泉は、皇后のほほ紅までを映したので
  紅影の池と呼ばれるようになったのだそうです。



紅影の池♪

  トマオ  「・・・水が湧いた跡かたも無し・・・(^_^.)」
  トマコ  「石峰山の水が湧いたのかもしれんよね。」

  それにしても、あまりのイメージの違いにビックリ・・・。
  1800年も前の事なので、水も枯れてしまったのカモ。
                                                  トマコ


 画像をクリックすると大きくなります♪
銘酒?

  説明を読むとこの辺りでは ここの綺麗な水を使って
  美味しい酒が出来たと書いてあります。
                                                  トマオ
  トマオ  「造り酒屋でも残ってれば、実感もありそうだけどなぁ・・・」
  トマコ  「石峰山の造り酒屋さんなんて、聞いた事も無いよねぇ・・・」


日吉神社へ♪

  神宮皇后が、ここでお顔を写されたというイメージは遠く・・・
  でも、この路地が大昔からあったのか すぐそばまで海だったのか・・・
  そんな事を想像しながら、すぐ近くの神社に寄ってみる事に♪
                                                  トマコ


拝殿♪

  日吉神社は、昔から島郷の鎮守様であった 歴史深い神社だそうです。
                                                  トマオ


 画像をクリックすると大きくなります♪
由緒♪

  由緒書きや説明には、以前はほとんど興味が無かったんだけど^^;
  今は、神社は歴史を語り継ぐ場所でもあると感じているので
  わからないままにも、読む事にしています♪
                                                  トマコ


お酒の神様♪

  大山咋神(おおやまぐいのかみ)、大物主神(おおものぬしのかみ)。

  トマコ  「ぇええ~ お酒の神様だってよ!」
  トマオ  「酒の? そんならやっぱり水が湧いてたのかもな^^」


横に回ると・・・♪

  どなたかおられたら、お聞きしてみたいのだけど・・・
  静かな境内にも社務所にも、どなたもおられませんでした♪
                                                  トマコ


 画像をクリックすると大きくなります♪
説明書きが♪
 
  ですが、拝殿を回り込むと、何かこの辺りの説明が書いてあります!
  この辺りは洞岸と呼ばれ、岸が近かったからという地名の由来ですとか
  なんと、紅影の池の由来なども詳しく書かれてあったのです。
                                                  トマオ 


造り酒屋さんは塾に♪

  紅影の池の説明です♪
  わ~! 現在の大庭塾が造り酒屋さんだったと書いてある~~~♪
  昔は紅影の池に水が湧き、本当に造り酒屋さんがあったんだ^^
  地域の歴史について、こんなにわかりやすく丁寧に書かれてあるなんて
  なんだかとっても嬉しくなりました。
  紅影の池は神宮皇后の伝承の場所だと、実感も湧いてきました^^
                                                  トマコ
  不思議に思った謎は、日吉神社のおかげであっという間に解けました。
  史跡や神社を訪ねた写真は、まだまだ溜まっております(^_^.)
  またそのうちに、ボチボチとご紹介させて頂きますね~
                                                  トマオ

  勝手ながら、この記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などある方は、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。 
スポンサーサイト
【2012/10/13 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://happytomatodesu.blog96.fc2.com/tb.php/1304-3572c6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。