スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
平治岳へ♪霧のミヤマキリシマ
4時半出発♪

  イマイチお天気が悪かった、6月9日の土曜日です。
  ミヤマキリシマを観に、九重連山の平治岳に行ってきました!
  午前中には雨は上がり、昼からは晴れ間も出る予報でしたが・・・
  さぁどうなるのかな!? 午前4時半過ぎには、北九州市を出発です(^^)
                                                      トマオ


吉部駐車場
  
  約3時間のドライブで、吉部駐車場に到着です♪
  8時前なのに、かなりの車の多さでビックリ。
  いつも山を案内して下さる大先輩と、若者二人と私達というメンバーです。
                                                      トマコ


出発~♪

  午前8時前には駐車場を出発して、平治岳へと向かいます。
  吉部駐車場から大船林道ゲートより200m先の登山口に入り
  平治岳北尾根~平治岳~大戸越え~坊がつる~大船林道~吉部駐車場。
  というコースは、坊がつるや法華院温泉が観たいと言ったトマコのために
  大先輩が設定して下さったコースです。
                                                      トマオ


登山届を出して♪

  駐車場を出るとすぐに、登山届を出す場所がありました♪
  ちゃんと書いてから、入山します(^^)v
                                                      トマコ


登山道へ♪

  登山届の所から、もう少し先に進んだ登山口から入ります。
  ちなみに平治岳は、ヘイジダケかと思っておりましたが ヒイジダケと読むそうです(^_^;)
  長者原の駐車場の、有名な案内犬の平治号の名前でも有名ですが
  梅雨の季節には、ミヤマキリシマでピンク色に染まる山として とても有名で
  県内外からの登山客で混雑するそうです。
  今回のコースは、混雑は少ないコースだそうですが
  途中にハシゴやロープの、ちょっとした難所がありました(^_^.)
                                                      トマオ


坊がつる・大船♪

  標識に気をつけて、出来るだけ道を覚えながら行きます。
  あれ? 坊が釣だったっけ??
  字が違うような気がしますが、逆に覚えました(^^)
                                                      トマオ


標識に気をつけながら♪

  霧のような小雨が降っていましたが、森の中では殆ど気になりませんでした。
  木々が傘になってくれていた様です(^^)
  もちろん、大雨だったり状況次第では、いつでも引き返します。
                                                      トマオ


平治岳へと♪

  トマコ  「道を写すから、ちゃんと指してね。」
  トマオ  「右に曲がりま~す。」


森林を進み♪

  森林の中の道は、涼しくてひんやりとしていました。
                                                      トマオ


まだまだ余裕♪

  しばらくは、楽しく歩ける道が続きます♪
                                                      トマコ


まっすぐが坊がつる♪

  途中で出会ったご夫婦は坊がつるに先に行きたいそうです。
  私たちは左に曲がり、平治岳を目指しますが 帰りはご夫婦が行かれる道から
  戻ってくるというコースでした。
  坊がつるから帰って来る時は、約2時間半の林道歩きでしたよ。
  今回の山歩きは、途中の休憩など多めに2時間みても 約9時間半の行程で
  駐車場に着いたのは、午後5時半頃になったと思います。
                                                      トマオ


左に入ります♪

  左に曲がるとそこは、一面が優しい緑色の空間でした!
  私は今回の平治岳登山の行程で、この道もとても好きな光景として忘れられません(^^)

                                                      トマオ 

平治・北登山口標識♪

  この標識から、本格的な山登りとなっていきました♪
  ここまでで、約一時間です。
  いつも二人ともカメラを持っているんだけど、今回トマオが一眼レフを家に忘れました~
  普通のデジカメはバッテリーが弱くなっているので、あまり写せません。
  野草の花も色々と咲いていたけど、お天気がイマイチで暗いので写すのはガマンです^^;
  ミヤマキリシマと坊がつるまで、バッテリー切れしませんように。
                                                      トマコ
  トマオ  「忘れ物は無いかと出がけに聞いたやんか~」
  トマコ  「私の忘れ物は無いもんっ!」


休憩♪

  大先輩から、お前らケンカするなよ! と笑われます。
  後輩には、こうみえても亭主関白だと伝えておりますよ~(^_^;)
                                                      トマオ


黒土とロープ♪

  その後こんな道が主になり、手が汚れてカメラはなかなか写せません。
  そしてこの後は、トマコに恐怖が待っていた~(^_^;)
                                                      トマオ


ハシゴだ~♪

  写真で見たハシゴだ~(*_*) 
  ・・・登らないと先には行けないし、後ろは人が並んでいます・・・
  うわ~~~ん><”
                                                      トマコ
  しっかりと止められたハシゴなので、怖がらず落ち着いて行けば大丈夫なのですが
  トマコは脚立も登らないほどの高所恐怖症でして・・・(^_^;)
  どうなるかと思いましたが・・・
                                                      トマオ
  大先輩  「こら~~~っ 並んどるぞ行け~~~っ!」
         「上まで上がったら、手を貸して貰って引っ張って貰え~~~っ!」
         「はよ登らんか~~~っ!」
  トマコ   「ヒィィ~~~ はい~~~っ(→.←)」


コワいです♪

  登って上から見ると、こんな場所なんですよ~(*_*)
  登ってみるとハシゴは思ったほど怖くなかったけど、最後の岩が結構大きくて
  後輩くんが手を引っ張ってくれて、なんとか上がりました^m^
                                                      トマコ
  トマコよりもずっと年配らしき女性の方々も 何人も登ってこられてましたが
  みなさん平気で上がられてまして、怒られて発破かけられて登るトマコは
  心配されるよりも、笑われておりました(^_^;)
  ハシゴの下では、念のために大先輩と私とで支えておりました。
  大先輩が、いつも怒ってくれないかなぁ・・・おっとウソですよ。
                                                      トマオ


ものすごいズルズル坂♪

  ハシゴを制覇したと思ったら次は、ずるずる急坂とロープだぁ~っ
  足を固定させる場所も無く、ロープだけが頼りです。
  滑ったら、顔まで真っ黒けになりそうです~(*_*)
  正直、ハシゴよりもこっちの方がタイヘンでした。
  上がれないかと思うほどの急坂で、足元は滑る土でズルズルです。
                                                      トマコ 
  ここでも大先輩が、行かんか~っとトマコに怒鳴ります。
  可笑しくて、みんなクスクス笑っていましたよ(^_^.)
                                                      トマオ 
  大先輩  「こら~っしっかり行かんか~~~っ!」
  トマコ   「体育の先生ですか~~~っ(*_*)」


越えて♪

  大先輩の叱咤激励のおかげで、思い切って進みました♪
  念のためだけど、こんなに大騒ぎするのは多分、そうは居ないと思います。
  私は子供のころから運動音痴で、体育の先生もあきらめるほどでした^m^
  今回の難所はそんな私でもなんとか行けたので、他の方はきっと大丈夫です(笑)
  ハシゴとロープを越えれば、あとはコワい場所は無いそうです♪
                                                      トマコ
  トマオ  「頑張って歩けよっ^m^」
  トマコ  「フンッ!」
ミヤマキリシマだ♪

  ミヤマキリシマだ~!
  ここはヒージの野という場所で、天気が良ければ目指す平治岳が見えるそうです。
  霧で残念でしたが、ヒージの野のミヤマキリシマも綺麗でした。
                                                      トマオ


マイヅルソウ♪

  マイヅルソウが、いっぱい咲いています♪
  暗くてピントが合わないけど、バッテリー温存のため一枚だけ^^;
                                                      トマコ


黒い蝶々♪

  黒い蝶々には初めて会ったと思います~♪
                                                      トマコ

  
葉っぱの群生♪

  何かわかりませんが、葉っぱが群生しています。
  花は咲くのかなぁ? もしも全部に咲くのなら、綺麗だろうなぁと思います。
                                                      トマオ


あともう少し♪

  平治岳の土は黒くて汚れるとは聞いていたけど、本当でした^^;
  カッパを着るほどでもなく、でも汚れたくは無いし・・・という状況だったので
  500円の防水パンツを履いて、大正解でした。
  ちなみに後輩は、100均で防水パンツを買っていましたが
  ミヤマキリシマの枝で、ボロボロに破れていました。
  私たちの500円の防水パンツも、ミヤマキリシマの枝でボロボロになり
  二度と使うことは出来なくなりました~(^_^;)
  しっかりしたカッパなら大丈夫なのかもしれませんが、使い捨ての様になるなら
  次回は 100均のを予備に持って行こうかと思います。 
  平治岳から坊がつるに下りる道も、雨上がりだった事もあり とにかく汚れます。
  もしも参考にされる方があれば、スパッツはもちろんですが
  できれば、カッパや防水パンツを着た方が、安心して歩けると思います。
  わかっぱかな(・・?
                                                      トマオ


ユキザサ♪

  ユキザサは、少しだけ咲いていました♪
  それでは、ここから先はデジブックでのご案内になります。
  平治岳のミヤマキリシマ、坊がつるや法華院の風景・・・
  お時間のある方は、ご一緒くださると嬉しいです^^
                                                      トマコ

   フルウィンドウで見るをクリックした後、右下のアイコンをクリックすると
   フルスクリーンモードで見れます。 BGMが流れますのでご注意を!

スポンサーサイト
【2012/06/19 06:00】 | 山歩き | トラックバック(0) | コメント(28) | page top↑
<<野菜の菜の花♪アブラナ科 | ホーム | 若松恵比寿神社♪春のおえべっさん>>
コメント
こんにちは。
 大先輩の設定したコースなら安心なのでしょうが、九時間半とは上級者ですね。
 コースの難易度もそうですが、私なんかは時間がたつごとに疲れや集中力がなくなるので五時間くらいが限界です。
 高所恐怖症のトマコさん、よくがんばりましたね。
 大先輩もまわりのみなさんのことや全体の行程を考えてあえてはっぱをかけたのでしょう。
 楽して眺めを見せていただくのは申し訳ないですが、九州の景色を楽しませていただきました。
【2012/06/19 08:29】 URL | mazennda #-[ 編集] | page top↑
よ~くわカッパです(^皿^)
ちょっとスリリングな道行もしっかりとした先輩がおられると安心ですね。
私は結構お転婆なので梯子を上るのはダイジョウブですが、上から見るとダメー e-260 
トマコさん、よく頑張りましたね(@-@)エライ!

私も一面緑色の山道が好きー!!
なんだか自分も山の一部になった気がします。
雨の季節はうっとおしいけれど、緑が生き生きしていますよね。
お花も静かな感じでしっとり…
【2012/06/19 10:15】 URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集] | page top↑
こんにちは♪

有名なミヤマキリシマが満開で、一面綺麗なピンク色!
花に付いた水滴が、この上なく美しいです^^
白いミヤマキリシマにも出会えたんですね。

いつか見た風景の中を歩くって感慨深いですよね♪
坊がつるのサクオグルマの黄色が可愛かったです^^
とても綺麗なお花や風景を沢山見せて頂きました。
ありがとうございました♪
【2012/06/19 10:31】 URL | caramelc #09QiXzQs[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/19 10:37】 | #[ 編集] | page top↑
うぅうううv-12
ハーイ!ワカッパ~!!ってコメしようとしたら…
達人に先を越されてました~!無念!!

登山届けを出すってちょっと大変~って思ったら
…これは結構ハードですものねぇ~
絶対必要ですね!

トマコさん可愛い~!!
オバチャンはもう怖いもの無しだからズンズン登れちゃうんですよ~(爆)
【2012/06/19 12:34】 URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集] | page top↑

4時半の出発、 まだ真っ暗ですよね~^^;
私はその頃は爆睡中~(笑)
3時間もかけて行くんですね@@
そんな時は、やはり前の日も 早い時間から寝るのかな~
じゃないと 体持ちませんよね^^;
緑に囲まれているとほんと 気温も数度下がった感じがしますよね。
空気も美味しそうです^^

ひゃ~~@@
道なき道じゃないですかっ!
怖っ!!

霧がまた なんか山らしいですね^^
それにしてもあんな怖い思いをしてまで^^;
帰りもまた 同じような道なんですか?

写真 フルウインドーで拝見しました^^
確かに 霧はちょっと残念だけど でもミヤマキリシマ とってもきれい~~
あんな一面に咲いているんですね~ これは圧巻!感動ものですわ。
大きな写真で見ると迫力あります。
【2012/06/19 13:07】 URL | mana #L8AeYI2M[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/19 13:09】 | #[ 編集] | page top↑
平治岳
トマオさん、トマコさん、こんにちは。

デジブックで拝見させていただきました。
困な登りの後の素晴らしいミヤマキリシマ、思い出に残る登山になられたことでしょう。
今年はミヤマキリシマの咲き具合がいいと聞いていましたので、いい年に登られてよかったですね。

平治岳には以前、男池からミヤマキリシマのちょっと前に登りました。
二人占めの平治岳山頂で、もう少ししたら大勢の人が来るんだろうな~なんて思ったものです。
法華院温泉には私達も泊まったことがないので、今後の課題です。

お疲れ様でした。
【2012/06/19 18:12】 URL | リーフ #-[ 編集] | page top↑
デジブックは後でゆっくり見させていただきますが・・・

とうとう行かれましたね~ いいな~ 何度も計画したルートです。先に北登山口から行かないと下りは厳しいですからね。
いや、ネットで調べただけでまだ行ったことはないんですよ。

防水カッパ、500円、ボロボロ、なるほど~ その情報は大切だ~ やはり何度も登られた方は違いますね。

チビ画面でデジブック見ながらですが、いや~ 晴れたときより、こっちの方が雰囲気あるんじゃないですか~
遠くはみれないけど、近くはとてもいいかんじ

それにあの緑の道もすごか~
久住にそんなところがあるとは・・・
この時期は格別ですね~

ワンコはへいじで、山はひいじいさん・・・(^_^;)

しかし、ほんとよく頑張られましたね~ 下りでなくてよかった~

そうそう、この前NHKドラマで「永遠の泉」だったかな、やってましたけど。阿蘇の山登りを中心としたドラマでしたけど、実際には久住や鍋ヶ滝、たぶん法華院温泉の山小屋も出てきたようです。
どうみても阿蘇じゃないな~って、ドラマは良かったですけどね。

オイドンも超低山登りましたが、超引っ張りの予定しています。トマコさんの記事、一回限りとはもったいないな~(^_^;)





【2012/06/19 21:10】 URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集] | page top↑
トマコさ~~ん 
ミヤマキリシマがなんてきれいなんでしょう~
ミヤマキリシマってこうしてながめるものなんですね~
ミヤマキリシマでそまっている山々~感動です
ぁぁ ヒツコクなってしまいました (’▽`;;
でも霧のなかのミヤマキリシマに感動しっぱなしです
晴れた日は文句なしなんでしょうけど 
曇った日も雨模様の日もすごく素敵です、こっちも文句なしですね~♪

そしてそこまでの険しい傾斜やはしごの道々
トマコさん 頑張ってくださいましたね~ *^-^*⌒☆
お蔭さまでこんなに素敵な景色を見せていただきました
でも下で、まさかの時の待機をしていて下さるトマオさんはとってもお優しいです
もう一度スクリーン見せていただきますね(*^_^*)
ありがとうございます
【2012/06/19 21:46】 URL | れぃん #gGj3Lv6Q[ 編集] | page top↑
mazenndaさんへ

こんばんは♪
大先輩は、歩くのが一番遅い私に合わせて予定して下さるので
他の方々なら、もっと早いんじゃないかと思います^^;
歩いた時間は7時間半ほどで、帰りは歩きやすい林道だったので良かったです。
私はかなりの運動音痴で高所恐怖症なので、迷惑をかけるんだけど
懲りずに連れてって下さって、本当にあり難い大先輩です^m^
ミヤマキリシマの時期には、九重には全国から沢山の方々が訪れるそうです。
mazednnaさんにご覧頂けて、嬉しいです(^^)v
【2012/06/19 21:48】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
gerogeroさんへ

ウヒヒヒ♪
komorebiさんもわかっぱとおっしゃってます(笑)

gerogeroさんは、運動神経バツグンなんだ~!
いいないいな~ 
私は、昔から知ってる人ならみんなが認める大の運動音痴なんですよ~v-221
なので、こんなハシゴやロープの制覇は一生の武勇伝になります^m^
ありがとうございます~!

一面の新緑が、雨でいっそう綺麗に見えました♪
山に入ると、少しくらい降っててもあまり気にならないくらい
自分も自然の中に溶け込んでる気がしますね。
土と馴染んで真っ黒になるのはイヤだけど^m^
お花も潤って、とっても綺麗でしたよ。
【2012/06/19 21:48】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
caramelcさんへ

この日は生憎の天気で、ガスが視界を遮り眺望はイマイチでした。
でも、ガスでモヤったミヤマキリシマも雰囲気があって良かったですよ~
次は、晴れた日に登って観てみたいですね。

今回は私のミスで、一眼レフを忘れてしまい
花の写真が少なくなっちゃいました。
たくさんいろんな花が咲いていたのですが、撮れなくて(~_~;)
ミヤマキリシマのピンクの絨毯と、サワオグルマ黄色い絨毯が奇麗でした。
【2012/06/19 21:49】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
komorebiさんへ

達人は、カッパつな方ですからね~
早く書かないと先を越されてしまします(笑)

この山は、九重連山の中で一番事故が多い山みたいですよ~
それで登山届が置いてあるのかもしれませんが
気を付けないとですね。

え! komorebiさんは、ズンズンと登れますか!
それは 頼もしいな~(^^)
【2012/06/19 21:49】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
manaさんへ

4時半に出発だと、前日は9時に寝て3時起きだったよ^m^
数日前から、早く眠れるように出来るだけ疲れておくのがコツかも・・・!?
普段は、そんな早起きすることはありませ~ん(笑)
片道3時間で日帰り出来る距離って、有り難いです。
九重のミヤマキリシマは、この時期は全国から集まるんだって。

北九州市は蒸し暑かったけど、標高が高いから涼しかったよ~
晴れてたら、暑かったかもしれないけど。
これまで登った山の中で、道は一番汚れる道でした^^;
有名な山だから標識はしっかりしてるけど、ダレも居ないとやっぱりコワそうよ。
詳しい大先輩とご一緒だから、安心して付いて行けました(^^)v
あのハシゴは、下りは私はまずムリだと思う・・・^^;
大先輩もそうおっしゃって、帰りは時間はかかるけど楽な林道だったよ♪

デジブックもご覧くださって有難う!
今回お天気がイマイチなのと、ルミックスの電池不足で思ったほど撮れてないけど
少しでもお伝えできたなら良かったです(^^)
霧の中のミヤマキリシマは、幻想的でとっても綺麗でした♪
【2012/06/19 21:50】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
リーフさんへ

天気が悪いので人出は少ないかと思って出かけましたが
人だらけで、人気の山の凄さを実感しました。
リーフさんは、男池の方から登られた事があるんですね!
ミヤマキリシマの時期だけなのでしょうが、人の多さにビックリしましたよ~

途中、ハシゴや黒土でドロドロした滑りやすい道には苦労しましたが
ミヤマキリシマの花の絨毯を観ると感激して
苦労したのも吹っ飛んじゃいました(^^)
今年は虫食いや枯れた花も少なくて
ミヤマキリシマを観るには良い年だったようでラッキーでしたよ。
【2012/06/19 21:50】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
ワル猫さんへ

いつか行ってみたいとは思っていたけど、こんなに早く実現して嬉しいです(^^)v
え~~~ワル猫さんたちは、長時間のコースは取らないだろうと思ってました~
男池の方から上がるのが、一般的なんだそうですね。
吉部のルートはマイナーだけど、ハシゴとロープの箇所意外は歩きやすいんだそうです。
私たちは初めてなので、比べることは出来ないけど・・・。

あのハシゴは下りは私にはとても危険だという事もあって、帰りは楽な林道でした。
大戸越から坊がつるは、大先輩もこれだけ酷いのは初めてだったそうだけど
まるで水の道か沼みたいにドボドボな道が、かなり続きました。
滑って、お気の毒なほど汚れてしまった女性の方も見かけましたよ。
頂上のミヤマキリシマの所では、雨さえなければカッパも防水パンツも要らないと思うけど
薄いズボンだと擦り傷が出来るだろうと思うほど、枝に刺されました^^;
ミヤマキリシマも、人間に当たられて迷惑なんだろうなぁと感じました。
丈夫なカッパなら破れないんだろうとは思うけど、泥だらけにもなると思えば
いっそ100均のパンツを2枚ずつ持ってたら良かったと思いました~
間違いなくボロボロになるけど、泥と水には十分使えていました(^^)v
うちの500円のと変わらない感じでしたよ。

霧が晴れないかと1時間ほど頂上に居ましたが、ずっと真っ白でした^m^
でも、幻想的でとっても綺麗でしたよ~♪
え~ワンコはヘイジちゃんで良かったんですね^^

そのドラマ、観ていないのでトマオが調べて再放送があるそうですね!
坊がつると法華院で撮影があったとネットで見たと言ってます。
鍋ヶ滝も写るんですか~再放送が見れるといいな♪

ワル猫さんの山の記事、楽しみにしています!
うちは今回は、カメラが一台で写りも悪かったので一回になりました^^;
坊がつるや法華院だけでも、ちゃんと撮れば一回以上ですよね。
またいつか、ゆっくり訪ねてみたいです。
【2012/06/19 21:50】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
れぃんさんへ

こんばんは~♪
霧の中のミヤマキリシマ、とっても幻想的で綺麗でしたよ~(^^)v
晴れていれば、ピンク色に染まった平治岳が見えるんだそうですが
私たちには、今回の光景が忘れられない素晴らしい光景になり
またいつか、晴れた時に観る楽しみも出来ました♪

ハシゴは、行く前からネット情報で見てビビッていました^^;
大先輩は、大丈夫大丈夫とおっしゃってたので、行って意味がわかりました~
怖がらなければ、多分殆どの方は上がれると思います^m^
下で支えてくれていたのもあって、安心してたのも大きいですよねv-221
デジブックもご覧くださって、とっても嬉しいです。
ありがとうございます♪
【2012/06/19 22:01】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/20 13:19】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/21 14:28】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/22 06:42】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/22 14:07】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/23 15:14】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/24 01:54】 | #[ 編集] | page top↑
↑↑の記事のユリ
のかんぞう・・・野菅草
葉っぱを見てそうかな???と思ったんですが・・・
春先、のかんぞうの根元を酢味噌でいただく。
こりこりとした歯ごたえがなんとも言えないんです。
ユリによく似た花が咲きます。
色も似てます・・・
違うかな???のかんぞう
【2012/06/24 13:46】 URL | ぴよぴよ #x7SNgv4U[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/25 07:48】 | #[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/25 15:04】 | #[ 編集] | page top↑
ぴよぴよさんへ

ノカンゾウというユリなんですね。
教えていただいてありがとうございます。
なるほど~ 図鑑で見てみるとよく似てますが
違ってたら いかんぞうですので
食べるのは止めておきますね(^^)
【2012/06/25 18:40】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://happytomatodesu.blog96.fc2.com/tb.php/1252-8cc71261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。