スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
上野焼♪窯元を訪ねて・・・
上野焼陶芸館♪

  福智町近郊の散策の続きです。
  先日の記事でもご紹介させて頂いた 上野のふれあい市の横に隣接して
  上野焼陶芸館があり 上野焼(あがのやき)の窯元の作品が揃っています。
  とても勉強になる楽しい出会いがありまして、今回は真面目ですよ。
  いつも真面目ではありますが・・・(^_^;)
                                                      トマオ
  ここで見た窯元さんで、
  器が好きだった一軒の窯元さんを探してみる事にしました♪
                                                      トマコ


窯元を探して♪

  福智山の登山口へと向う静かな山間の町に、上野焼の窯元は点在しています。
  山の空気と、田園風景の中を 通るだけでも気持ちの良い所です。
                                                      トマオ
  

煙突がいっぱい♪

  窯の煙突が見える光景が、とっても好きです♪
  上野焼といえば、高級で敷居が高い印象で ゆっくり見た事ありませんでした^^;
  北九州市から一時間ほどの近郊なのに、殆ど知らなかったのです。
                                                      トマコ 


棚田があって♪

  トマコ  「地図で見たら、もうちょっと行った所みたいよ。」
  トマオ  「なんか、綺麗で良いとこだなぁ・・・」

  そして探し当てたのは、堀田窯さんという窯元のギャラリーです♪
  ご自由にご覧下さいと書いてあるので 遠慮なく^m^
                                                      トマコ


堀田窯さん♪

  ギャラリーの中には、伝統的な上野焼の焼き物はもちろん
  自分で使ってみたい器も沢山です♪
  ほどなく窯元の方が気付いて下さって、色々なお話しを聞かせて下さいました(^^)
                                                      トマコ


娘さんの作品や♪

  堀田窯さんでは、陶芸家であるご主人と その娘さんも陶芸家でいらっしゃいました。
  上野焼の特長でもあるそうですが、実際に手に取ってみると軽い♪
  一目ぼれした器と、ちっちゃな可愛い器を選んだら、おまけして下さいました~(^^)v
                                                      トマコ
  前回の記事の料理の、薬味を入れた小さな茶色い器もそうでした(^^)
                                                      トマオ


上野焼の器色々♪

  トマコ  「すみません、上野焼の詳しいことは殆ど知らないんです。」
  窯元   「そうですか・・・ 江は見ていますか? ちょうどあの頃からですよ。」

  こうして、堀田窯の窯元である世良氏から 上野焼の歴史などを教えて頂きました。
  上野焼は、有田焼や萩焼などと ほぼ同じ時期に始まった焼き物だそうです。
  有田焼では「李 三平」が始まりでしたが、上野焼でも同じように
  豊臣秀吉の朝鮮出兵の折りに、加藤清正公が連れてこられた「尊楷」という
  朝鮮の陶工の方が、豊前藩主の細川忠興の元で焼き物を始めたのです。

  細川忠興といえば小倉城の初代藩主で、北九州市民の私たちには馴染み深い名前ですが
  のちに熊本に栄転されて、熊本の細川家といえば総理大臣にもなられましたよね。
  細川忠興は 千利休により茶道の奥義を極め、茶人としても名高い方でした。
  上野焼は江戸時代には 茶道では有名な遠州の七つの窯の一つに選ばれています。



新聞にも♪

  世良氏は、新燃岳の被害の復興にも尽力され 新聞でも紹介されていました。
  娘さんが紹介された ○HKのおしゃれ工房のテキストもありました♪
                                                      トマコ
  世良氏  「北九州市は小倉と若松は藩が違いますよね。」
  トマオ   「え? 小倉城は豊前藩ですよね?」

  そうです、上野焼は豊前藩の焼き物で、
  若松区や八幡西区などは筑前藩で福岡城ですよ・・・

  北九州市全体が小倉城の管轄だと、勝手に漠然と思っていました(^_^;)
  小倉城から近い場所に、菜園場(さえんば)という地名があるのですが
  そこは細川忠興の野菜を作っていた場所だそうで、
  上野の地に移る前の窯があるそうです。
  そんな地元の歴史も、世良氏に教えて頂いて初めて知り
  身近な場所だけに驚きました。
                                                      トマオ


登り窯♪

  トマコ   「登り窯ですか? 今もここで焼いておられるんですか?」
  世良氏  「そうですよ。 見られますか(^^)」

  登り窯は今では、殆ど使われていないのかと思っていました~^^;
  ワーワーと私が言っても、親切に色々と教えて下さって 本当に楽しかったです!
                                                      トマコ  
単窯♪

  トマコ   「あれ? これは登り窯とは違うんですか?」
  世良氏  「こっちは単窯と言って、焼き物によって使い分けますよ・・・」

  さて 上野焼の開祖である尊楷は名を 上野喜蔵高国と改めます。
  細川忠興が熊本に行く時に付いて行ったのですが、その息子二人は上野の地に残ります。
  十時孫左衛門(とときまござえもん)と娘婿の渡久左衛門(わたりきゅうざえもん)
  という直系の窯元が、今も十時窯と渡窯という名前のままで、ありますよ・・・
  
  え? 本家本元のご子孫の方という事でしょうか?
  そうです。 上野の最初の窯跡も、十時窯のすぐ横にあります。
  ぜひ行かれて、焼き物を見せて頂くと良いですよ・・・



中も見せて下さって♪

  トマオ   「中を見せて頂くのは初めてです。」
  世良氏  「周りに火を起こしていくように、出来ているんですよ・・・」

  他にも、上野焼と近い場所にある高取焼きのお話しなど
  沢山聞かせて頂きました。
                                                      トマオ


覗き穴♪

  トマオ   「この穴は? 火の様子などを覗く穴ですか?」
  世良氏  「そうです。 こうして取って・・・(^^)」

  上野焼では 毎年春と秋に、陶器祭りが開かれています。
  秋は10月の終わりですが その時までにまた沢山の器を焼きます・・・



山を見ながら♪

  あの山の 見え難いですが 奥の方が福智山になります。
  その前の山肌に、岩が見えますか?
  おそらくはあの岩肌を見て、ここで焼き物をと思ったのではないでしょうか・・・



陶土♪

  あの二つ見える岩ですね?
  そうです・・・福智山は、あの向こうにちらっと見える山ですよ・・・
 
 
  堀田窯さんで教えて頂いた上野焼の歴史は、思っていたよりもずっと
  北九州市とのご縁があり 400年過ぎた今もなお この地で息づいていました。
  こういうお話しが聞けると、焼き物に対してもいっそう親しみが湧くものですね(^^)
                                                      トマオ


十時窯さんへ♪

  堀田窯さんから教えて頂いた道をたどり、十時窯を見つけました。
  このすぐ横が、上野焼の窯場の跡地だそうですが??
                                                      トマオ
  トマコ  「まずは、十時窯さんにお邪魔してみようよ」
  トマオ  「そうか・・・(^_^;)」


古上野の破片♪

  約400年の歴史を誇る、上野焼の元祖の直系の窯元さんだと知っての狼藉(?)
  なので、ちょっとドキドキします^m^
  でも、とっても親切に見せて頂きました♪
                                                      トマコ  
  上野焼の初めのころの、出土品だそうです。
  写真では色がわかりにくいと思いますが、茶色というには簡単すぎますが
  趣のある茶色といいますか、今見てもモダンに感じる色合いだと思いました。
                                                      トマオ 


上野焼の歴史♪

  上野焼の 古い焼き物などが展示されています。
  写りが悪いのがとても残念だけど、快く写真も撮らせて頂いて 有難うございました(^^)
  私も、その茶色系の色にとても惹かれたのですが、十時窯さんでは今でも
  当時と同じ色合いの焼き物を、再現されているそうです。
  実際にその焼き物も見ましたが、見るだけで感激しました。
                                                      トマコ


代表的な三色♪

  灰釉が白い焼き物で 銅釉が青系、鉄釉が赤っぽい色です。
  青っぽい色は比較的新しい時代に入ってからで、白も古い色なんですよ・・・


  私は、上野焼といえば青い色を思い浮かべていました♪
  白は殆ど知らなかったけど、とても深い感じの白い色合いです。
                                                      トマコ


ツブツブが特長♪

  青い色は、このツブツブが特長です・・・


十時窯の器たち♪

  堀田窯さんを訪ねたご縁で、十時窯さんにもお会い出来ました(^^)
  こんなに親切に、色々教えて頂けるなんて思ってもいませんでしたので
  この日は、思いがけずとても嬉しい楽しい一日になりましたよ。
                                                      トマオ


本窯の跡地♪

  トマコ  「跡地を発見!」
  トマオ  「・・・どこ??」

  竹薮全体が、最初の窯の跡地でした♪
  この藪の中に、400年前の窯の跡が眠っているそうです。
                                                      トマコ


古い家や♪

  そのまま少し上がって行ってみます♪
  古い家がそのまま残っていたり・・・
                                                      トマコ


神社や♪

  深い森の中にある、神社もありました。
                                                      トマオ


山椒の木と♪

  トマオ  「さんしょうがあるう~」
  トマコ  「は? 山椒大夫??」

  そんな事 言ってませんよ。
  野生かなぁ? 森の中に山椒の木がありましたよ。
  ニオイを嗅いだので、間違いありません(^^)
                                                      トマオ


栗の木も♪

  色々と、ビッ栗したなぁ~(^_^;)
                                                      トマオ


落ちた栗♪

  真夏の暑さの日だったけど、秋はもうすぐそこに来ていました♪
                                                      トマコ


窯跡は藪に♪

  上野焼の町は、とても静かに時間が流れていました。
  ずっと変わらず静かでいて欲しいですが、もっと有名になって賑わって欲しいような
  そんな素敵な所でしたよ(^^)
                                                      トマオ
  上野の自然にも触れられる場所と、直方の美味しい物も探しました♪
  もう一話、私たちの散策は続きます。
                                                      トマコ
  被災地の方々が、一日も早く落ち着いた日々を過ごす事が出来ますように。
  私たちに出来ることは微力ですが、心から祈っています。
                                                  トマオトマコ

 3つのランキングに参加しています。
 下記のバナーをクリックしていただけるとランキングに反映されます。
 みなさんのクリックが私達の励みになっています。いつも応援ありがとうございます♪

FC2ブログ 野菜部門ランキングへ参加しております。            応援のクリックよろしくお願いします。にほんブログ村  果樹・野菜ランキングへ参加しております。            応援のクリックよろしくお願いします。人気ブログ 花・ガーデニングランキングへ参加しております。         応援のクリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
【2011/08/22 06:00】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(32) | page top↑
<<トマトや九条葱畑♪白糸の滝~999 | ホーム | 梅とシソで♪茗荷ご飯とおご馳素麺etc>>
コメント
昨日は福岡で「竜巻」とか…?
トマ家さんは大丈夫でらしたでしょうか??

九州はやっぱり中国や朝鮮に近かっただけに
色んな文化があるんですねぇ~
個性豊かな窯元も沢山あって、裏山歯科e-343
こうして色々ご説明を聞くとお買いになられた器も
ますます可愛く思えるんでしょうね~
オマケ??もしかして10個買いました??(爆)

かの総理大臣だった細川さんも
最近はかなり有名な茶陶なのだとか…?
やはり血のなせる技なのでしょうかしら
【2011/08/22 07:53】 URL | komorebi #92eFZkuY[ 編集] | page top↑
こんにちは。
 梅しそみょうがに、クリームコロッケのブログもおいしそうでしたね。
 焼き物の良さは、私はよくわかりませんが身近な歴史や人との出会いがあると、なんか感動しますね。
 東京に細川家の美術館がありましたね。
NHKの「MIDORI」と言う番組で、細川さんの別荘暮らしが紹介されたことがあって、やっぱお茶室とかありました。
 北九州市から車で一時間のところに、ドライブした気分になりました。
 
 
【2011/08/22 11:07】 URL | mazennda #-[ 編集] | page top↑
良いご縁の出会い有り。
有意義な散策となりましたねえ。
窯元の方と直接話をされると、一つの器でも、そのストーリーを感じられますよね。
ちょっとお高くても、本当に納得して手に入れた物って、使い続けるたびに、ず~っと、満たされた気持ちになりますよね。

【2011/08/22 11:30】 URL | 左官屋女房 #-[ 編集] | page top↑
いい窯元を見つけられましたね。地元で、歴史もあって、親切な・・・

焼き物も土の素朴な焼き物で、なおかつ軽いんですか~ 土物は重たいので、石の磁器がと言われる方もありますが、軽いならいいですね~
大皿でも、いつもより沢山回るかも~(^_^;)

細川のお殿様にもつながる由緒ある窯なんですね~
小倉は豊前藩でしたか・・・ オイドンも全然知りませんでした。福岡の北部は黒田の殿様だと思っていましたよ・・・

福智山、北九州のトレッキングコースとしても有名なようです。ただし、縦走だと本格的になるようですが・・・ 
皿倉山、福智山、牛斬山等の縦走ルートみたいですが、山が深いと道に迷いやすいので、用心ですね。

窯元の紹介、いいな~ 自慢されて・・・
ならば、オイドンも予告だ~ 実は、オイドンも世界的に有名な窯元さんの訪問を予約しております。写真撮影も許可してもらっているので、数ヶ月後に記事になるかもです・・・

その折はタップリ口上歌います~(^_^;)
♪春高楼の~花の宴~♪ そりゃ荒城の月~




【2011/08/22 12:24】 URL | ワル猫です #qbIq4rIg[ 編集] | page top↑
上野窯、江の時代からですか!
登り窯は、備前に行った時見ましたが、中がとても広くって、10日間焚き続けるって聞きました。
置く場所によって、焼き上がりが違ってくるんでしょうね。

またまた、トマコさんのお料理が楽しみ(^^♪

       ⇓
きれいな梅干し!!!
関東でも、<ゆかり>と言う名で出ています♪・・スーパに♪
ご飯のお共に最適、市販品でも無添加だし(^_-)-☆
【2011/08/22 13:38】 URL | コスモス #FXbBe/Mw[ 編集] | page top↑

窯の煙突が見える光景
良いですね~ 風情があります。
田園風景もすてき~♪
焼き物を学ぶって 歴史を学ぶことにも繋がるんですね~
小倉城と福岡城、 そして区によっても藩が違っていたんですね。
ルーツを遡ると へ~ ほ~といろいろ勉強になりそうですね。

いや~ 焼き物って奥が深いんですね。
毎週 テレビでなんでも鑑定団みているけど
あれ見ていても 凄いな~って思いますもの^^;

思い出深いお出かけになりましたね。
私も勉強になりました。

栗の実を見ると たしかに秋ですね~

【2011/08/22 14:17】 URL | mana #cFDUgT.c[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/08/22 14:18】 | #[ 編集] | page top↑
上野焼の窯元
何だか、今日は引き込まれるように、まじめに読んでしまった。
【2011/08/22 16:15】 URL | 畑の管理人 #vFi6U4JY[ 編集] | page top↑
ははは
かまはようかまわん~~~~~~~!
【2011/08/22 17:22】 URL | 松井大門 #-[ 編集] | page top↑
ふぅ・・・・・、すっかり何百年も昔の時代に入り込んだような気分になりました。
そうそう、細川元総理大臣は、世が世なら近づけないどころか拝見さえもできない人。(笑)
今でも近い人とは思えないけど、現代はテレビでも雑誌でも顔が分かりますもんねぇ。・・・
DNAが殿さまという品格の方は、やっぱり政界などという下界とは水が違いすぎるのですねぇ。(^m^)
私も陶器は好きで、百貨店などで時間があるとぐるぐるぐるぐる一人で回っています。(笑)
私もきっとトマコさんのようにあれこれ聞きながら、窯も見せてもらっていたと思います。
昔の歴史がそのまま残っているような場所で、昔ながらの製法というのにも凄く惹かれます。
野性の山椒にもびっくりしましたけど、考えてみると岩手にもありました。(笑)
あまりに大きな木だったので山椒だと思わなかったという野性の山椒でした。(^_^;)
そういう植物が生息している場所って素敵よねぇ。・・・・
【2011/08/22 18:26】 URL | あんり #rzttc8MI[ 編集] | page top↑
トマコさん こんにちわ

上野焼きそして堀田窯さんのお話、お作品の陶器
感激しながら伺っています
そして400年という歴史ある窯元さんなんですね
それに焼き窯の煙突のあるシーンがとても素晴らしいです

素敵な陶器を巡るご旅行になりましたね
紹介していただいたお写真もとても雰囲気があって
ほんとにご一緒させていただいているようです
訪れる先々で、トマオさんトマコさんのお人柄からなのでしょうね
素晴らしい温かな出会いが始まりますね
ワタシまでここちよい気持ちで拝見させていただきました^^
続きのお話も楽しみにしております♪
【2011/08/22 21:49】 URL | れぃん #gGj3Lv6Q[ 編集] | page top↑
komorebi さんへ

竜巻のニュースを見て、ビックリしましたv-12
我が家の周辺は、特に強風でもなかったと思います。
ご心配、ありがとうございます~m(__)m

九州って、大陸に近い分 影響が大きかったんでしょうね。
歴史は殆ど勉強したなかったけど、こうして教えて頂くと
へぇぇ~~~と楽しかったです♪
オマケ~^m^ komorebiさんのパワーであやかれたのカモ(^^)v

細川元総理も、茶道の奥義を極められておられるんですね~
なんだか色々と、感慨深い気がします♪
【2011/08/22 22:34】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
mazenndaさんへ

ミョウガには、味のミョウガあって美味シソ~でしょう!
クリームコロッケは、ウメ~の一言でしたよ。
トマコよ! また、作ってくりーむ(^^)

焼き物は、良きものなんでしょうが 私も陶器のことはよく分りません。
でも歴史を知ると、陶器への思いが全く変わっ てきますよね。

細川さんの別荘には、お茶室があるって!
やっぱり~ 「ほう、そうかぁ。」です。
【2011/08/22 22:34】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
左官屋女房さんへ

人との出会いは楽しいですよね。
今回は興味深いお話を聞くことができましたし、いろいろと教えていただいて
大満足のお出かけでしたよ。

歴史は苦手でしたが、学生の頃にこのような教え方をしていただくと
かなり点数が良かったかもです。
窯の歴史的な背景を知り、その窯で焼かれた器を手に取ると
私の胸を強くうつわ~です(^^)
【2011/08/22 22:35】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
ワル猫さんへ

先日の、予告の窯元は 上野焼の窯元でしたv-221
思いがけず、地元の歴史や焼き物の事も教えて頂けて 楽しかったです♪

以前、小倉に陶器屋さんがあって そこの店主さんが
土の陶器は重いからきっと、そのうち磁器が好きになりますよとおっしゃったんです。
でも私はやっぱり、土の陶器が好きなままです。
ワッヒャ~ 高級な大皿を回すのは、かなりのワザと勇気が要りそう~
そういえば、皿回しってどこのお皿を使うんでしょうね^^;
皿回し様のお皿を焼く窯元が、あったりして!?

細川のお殿様は、熊本のイメージですよね。
小倉は細川家の後の小笠原家の方が 長かったと思います。
そうなんです~ 黒田節もかなり親近感があったけど
まさか、市内に福岡城の管轄がいっぱいあったなんて、意識した事なかったです。
佐賀城は、調べてみたら肥前なんだ~そうか~肥前だったんだ♪
勝手に、筑後かと思っていました^m^

福知山は、かなりキツイと聞いたことがあります。
こちらでは、登山と言えば福知山と言うくらい有名な山です。
登山口の付近と、この記事の最初の上野焼の展示場などのまん前の二箇所に
温泉施設もありましたよ。 良いかどうかはわかりませんが・・・^^;

え~~~世界的に有名な窯元ですかっe-267
数ヶ月先とは待ち長いけど、楽しみにしています~(^^)v
【2011/08/22 22:35】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コスモスさんへ

上野窯は、江の時代からあんがの~です。
九州には、有田・伊万里・唐津焼き等々たくさんの窯場があり
まるで陶芸の桃源郷のようですよ(^^)

登り窯は、薪を入れて炎をコントロールし窯を操って陶器を焼き上げるとのことでしたが
大変な作業みたいですね。
でも、薪窯で焼くと薪ならではの風合いが出るとのことでした。
置く場所によって焼き上がりが違っうってのは、微妙に火の回りや温度が違うからなのかなぁ?
なんか私も薪窯で陶器を作ってみたくなりました。

♪ゆかりと言う名で出ています♪って、小林 旭さんの!
あ~ ゆかり愉快(笑)
【2011/08/22 22:36】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑

manaさんへ

窯の煙突って、焼き物の町に来た~~~って感じますよね♪
ちょっと、温泉の湯気を見つけた感じに似てるカモ!?
田園風景も、心が和みますよね・・・
静かな田舎で、どこにでもありそうな町だけど 良い所でしたよ(^^)v

焼き物の歴史って、色々な場所や人にも繋がっていて面白いね。
学生時代にこれほど興味があったらって、こういう時いつも思います^m^
小倉城はとっても馴染み深いけど、福岡城は黒田節くらいしか知らないのよ~
廃藩置県で、変わったんですね。

有名な焼き物って、やはりそこにまつわる色々な歴史がありますね。
古い焼き物の色とか、見るだけでも面白かったよv-221

栗の実って、まだ暑い夏の間からもうトゲトゲなんですよね。
栗も、イガを見ないと栗の木って気付かないから
見つけると、秋だ~~~って感じます♪
【2011/08/22 22:36】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
畑の管理人さんへ

今回はまじめな記事になりましたからね。
よ~し、今週一週間 まじめに過ごしてみようかな~?
水金地火木土天まじめい・・・無理みたいです(^_^;)
【2011/08/22 22:36】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
松井大門さんへ

先生は、もうどうにも止かまない~♪
【2011/08/22 22:37】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
あんりさんへ

ご一緒いただいて、ありがとうございます(^^)
私も、堀田窯さんでお話しを伺いながら、そんな気分だったんです。
上野焼きの歴史に、とっても深い敬意をお持ちの方だなぁと感じられて
思わず、聞き入ってしまいました。

そうそう! 細川元総理は、お殿様なんですよね。
当時もへぇぇ~と思ったけど、こうして歴史を身近に感じてからまた思うと
いっそう、へぇぇぇ~~~です。
当時だったら、下に~下に~の世界ですもんね。

歴史がある場所で、そのまま人も場所も続いているって凄いですね。
登り窯は、今ではあまり使わないというのも本当だと思っていたので
堀田窯さんでは 当たり前のように使っておられたのも驚きでした。
辺りの風景や、藪に埋もれた最初の窯の跡なども含めて、素敵な場所でした(^^)

岩手の山椒って、どれだけ大きかったんでしょう~
私も、野生らしき山椒は初めて見ました。
あまりにさりげなくあったので、山椒だとは思えなかったくらいです。
そんな場所が、あるんですね~
【2011/08/22 22:37】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
れぃんさんへ

こんばんは♪
上野焼きは、小倉城と関わりが深い焼き物だと聞いていたけど
思っていた以上に歴史深く、今でも続いているという事に感激でした。
堀田窯さんは、とっても優しい方だったんです(^^)
初めて、急に伺ったにも関わらず ご親切に教えて頂きました♪
出会いって、本当にありがたくて嬉しいものですね。
煙突の風景は、とっても好きな風景なので 嬉しいですe-267

近い場所なのに、こんなに知らない事が多くて
こんなに素晴らしい歴史や風景や焼き物があるなんて
もっと、色々な方に知って欲しいなぁと思って記事にしました(^^)
なので、ご一緒くださって とても嬉しいです♪
次回も ご一緒いただけたら嬉しいです~^^
【2011/08/22 22:38】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
いいところにあるんですね~
世俗のことを忘れてじっくり作陶に打ち込めそう…
登り窯や窯の中を見るのは久しぶりです。
一度火を入れると3日3晩寝ずの番とか聞いたことがあります。凄いですね。
焼き物の背景には歴史や人間ドラマがあるのですね。
かかった釉薬に浸み込んでいるかも♪
これからの器の見方が変わってきそう~

栗の実!私も昨日となりの果樹園に見つけました!
こっちに落ちて来ないかな~
いやいや…しっかり季節は進んでいるんですね。ほっとするやらちょっとさみしい?
【2011/08/22 22:59】 URL | gerogero #8klwOKB6[ 編集] | page top↑
おはようございます!
感動の日本探訪記ですね~^^*
すごいなあ、ニッポン!
受け継がれていくって、大変なことと思いますが、ありがたいことですね・・・
400年の文化がそのまま生きているんですものね!
跡地はもう、自然と一体化していますね
ひっそりと、こういう所があるという国を守っていきたいですね~~^^*
【2011/08/23 08:58】 URL | tatsumy #-[ 編集] | page top↑
歴史を感じさせるお話ですね。
江の時代から。。そうなんだ、凄いわ♪
何だかお二人とご一緒に、その場所に行ってお話を聞いたような気分になっています^^
こちらの場所もいつか訪ねてみたいなぁ♪

山肌にある岩をみて焼き物を。。とのことでしたが
岩が見えると土質とかが判ったりするのでしょうか、
それとも故郷に似た風景だったのかな。
神社の雰囲気も歴史を感じさせますね♪
【2011/08/23 10:29】 URL | caramel #09QiXzQs[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/08/23 14:40】 | #[ 編集] | page top↑
まじめ
「まじめ」というのは、ネタ切れでも、とりあえず、毎日更新しちまうこと。管理人みたいにね。
じゃあ、仕方がないから、今日はいつもの、3連荘P。
【2011/08/23 15:25】 URL | 畑の管理人 #vFi6U4JY[ 編集] | page top↑
トマコさんが、あれこれ質問してわあわあキャッキャッ言ってる姿が目に浮かぶようです。
それにしてもほんとに丁寧に詳しく記事にされているので、窯元さんとのやりとり、録音でもしてこられたのでしょうか(笑)
私なら聞いても帰ったころには忘れてそうだし、記事も詳しい話はどこかにリンクして済ませるところです。
それだけよいところできっと焼き物も素敵だったのでしょうね。
私は上野焼というのはなぜか漠然と茶色系のイメージを持っていたのですが、白や青もあるのですね。
静かな隠れ里のようで、小石原などのように観光地化されてない雰囲気がよいですね。
機会があればぜひ訪ねてみたいと思います。
【2011/08/23 15:56】 URL | うさぎ #-[ 編集] | page top↑
gerogeroさんへ

なんというか、神社がある場所の辺りなんて
400年の昔から、あまり変わってないんだろうなぁって雰囲気でした♪
登り窯は、火を入れたら寝ずの番とか私も聞いた事があって
今はあまり使われていないと聞いた事もあったんです。
あまりに普通に、使ってますよ~とお答えになったのでビックリしました(^^)
身近な焼き物の歴史って、地元の歴史との関わりが深いんですね~
私も、これからの焼き物の見方が変わりそうです♪

お隣さんには栗の木もあるんだ~
風よ~こっちに吹け~v-8
今年は急に気温が下がって、夏に名残惜しさなんて感じたけど
数日後には、戻ってこられるそうです^m^
【2011/08/23 22:27】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
tatsumyさんへ

こんばんは♪
身近な場所に、こんな素敵な所がありました^^
受け継がれていくって、本当にスゴイなって実感しました。
守られてる方や、その周りで見守っておられる方々や
沢山の自然もきっと、見守ってきたんだなって思いました♪
そうなんです! 跡地になんだかとっても感動しました~
いつまでも、残っていて欲しいです(^^)
【2011/08/23 22:28】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
caramelさんへ

こんばんは♪
堀田窯の窯元が、すぐに江とおっしゃったので
テレビで見る時代と重なって、長い歴史の実感が湧きました(^^)
ご一緒して下さって、とっても嬉しいです♪

山肌の岩は、ちょっと説明不足でした^^;
多分だけど、岩肌を見て陶器作りに向いていると思われたんじゃないかと
そういうお話しでした。
眺めながら教えて頂いたので、とても感慨深い気持ちになりました♪
神社は、近寄りがたいような、神々しいような雰囲気でした^^
【2011/08/23 22:29】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
畑の管理人さんへ

「まじめ」というのは、武田信玄さんみたいな方だと思います。
いつもしんげん勝負!なんですよね~
【2011/08/23 22:29】 URL | トマオ #B2CsETZw[ 編集] | page top↑
うさぎさんへ

ふふふ^m^ とってもお優しい窯元で、思わず色々教えて頂きました~♪
この記事の内容の、数倍以上はお話しを伺っています。
つまり、覚えられなかった事もいっぱいで、申し訳ないほどです^^;
二人で聞いたので、車の中でキーワードを復習しておいて
パンフレットやネットで確認して、思い出しながら 確実な事を書くようにしました(^^)
ホント、録音しておきたいくらいでしたよ~
堀田窯さんはきっと、上野焼きにほれ込んでおられて 敬意をお持ちだと感じました。
そういう方に出会えて、この日は運が良かったです♪

上野焼きの最初の色が、茶色系の色なんだそうです。
うさぎさんのご存知の色が、一番有名なのかもしれませんね(^^)v
とても静かで、知らないと通り過ぎてしまいそうな所だけど
奥深い素敵な所でしたよ♪
【2011/08/23 22:29】 URL | トマコ #LkZag.iM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://happytomatodesu.blog96.fc2.com/tb.php/1123-0aaf187e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。