スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
鳥魚池と神社♪神宮皇后伝説
     画像をクリックすると大きくなります♪
魚鳥池説明♪

  久々の、神宮皇后伝説です♪
  北九州市内には、多くの神宮皇后伝説が伝わる場所が残っており
  約1800年もの昔から伝わる郷土の歴史に、興味が湧きました。

  戸畑区の飛幡八幡宮を訪ねた時に知った、若松区の伝承場所を探してみました。
  仲哀天皇と神宮皇后をご案内した、崗(現在の遠賀から北九州市の一部)
  の県主(当時その場所をおさめていた豪族)の熊鰐という名前の人物が
  船でご案内されたそうですが、その途中干潮で干上がって進めなくなり
  神宮皇后をおなぐさめするために、土を掘り海水を溜め、魚や鳥を放した・・・
  といわれる場所が、魚鳥池です。
                                                  トマコ  


魚鳥池♪

  田園風景の中の、ごく普通の民家のわきにその跡がありました。
  とてもわかりにくく、調べて来ないとたどり着けるかなぁ・・・(^_^.)
                                                  トマオ


ツクシの頃でした♪

  魚鳥池の周りに生えていた、ツクシ♪
  そうです・・・訪ねたのは、春の事でした^^;
                                                  トマコ


井戸みたい♪

  近寄ってみると、井戸のようになり蓋がされていて、中はわかりません。
  伝説によると、ここで足止めになった神宮皇后のご一行を
  当時の地元の人たちは、丁寧にもてなしたとも言われているそうです。
                                                  トマコ


若松市教育会♪

  若松市教育会と書かれています。
  北九州市が五市合併する以前から、大事にされた場所だろうと思います。
  戸畑で調べた時に、若松の神宮皇后伝承地も有名だと
  明治時代の人々が話したというような内容の記録を見ました。
  今は、そういう話はほとんど耳にする事がありませんが
  こうして、少しでも知って語り継いでいけると良いなぁと思います(^^)
                                                  トマコ


地図♪ 

  周辺の地図がありました。
  井戸のような史跡から、いど~するど~(^_^.)
  仲哀天皇と神宮皇后と、案内の熊鰐たちは船で回ったということは
  この辺りは、当時は船が通れるような川や海だったという事です。
  古地図などでは、洞海湾は今よりもずっと広く若松区は島だったそうです。
                                                  トマオ


魚鳥池の碑♪

  魚鳥池から少し離れた場所に、魚鳥池の碑があります。
  地図をたよりに探しましたが、わかってしまえば魚鳥池から見えます(^^)
                                                  トマオ


魚鳥池神社へ♪

  そこからまた少し離れた場所に、神宮皇后が祀られているという
  魚鳥池神社はありました♪
                                                  トマコ


鳥居♪

  鳥居に、魚鳥池神社と書いてあります。
  伝説の場所を探して、そこを探し当てると嬉しくなります♪
                                                  トマコ


拝殿♪

  静かな拝殿で、説明書きなどは何もありませんが 綺麗にされてありました。
                                                  トマオ

  
ここは海だった♪

  ふと下を見ると、大昔・・・ここが海だった感じられる気がしました♪
  干潮で足止めになった神宮皇后が、若松区を散策された時に立ち寄ったとされる、
  紅影の池も、続けて探してみました^^
                                                  トマコ

  勝手ながら、この記事のコメント欄は閉じさせて頂いております。
  ご用件などある方は、開いたコメント欄やメールフォームをお使いくださいね。
スポンサーサイト
【2012/10/12 06:00】 | 北九州の史跡・伝説 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。