スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
沓掛山の樹氷♪3月終わりに
一目八景♪

  3月の終わりの週末の事です。
  よく晴れて春めいた北九州市を早朝に出発し、ここは耶馬溪の一目八景です。
  紅葉のシーズンには大渋滞する 有名スポットですよ~
  青空の下 快適なドライブで向う先は 九重の男池という湧き水で有名なスポットです。
  ちょっとした山歩きをかねて、野草の花を観に行く途中です。
  案内して下さるのは、山歩きと野草と仕事の大先輩です(^^)
                                                  トマオ


童話の里玖珠♪

  童話の里 玖珠を越えて・・・九重の方面へと向かいます♪
                                                  トマコ


あれ?雪だ~♪

  トマコ   「あれっ? 雪じゃないですか??この先大丈夫でしょうか・・・(*_*)」
  大先輩  「これくらい大丈夫! しかしちょっと待てよ・・・」


三股山も白く♪

  北九州市から玖珠の辺りまでは よく晴れて暖かでしたが
  九重に入ると急に空が暗くなり、雪が舞っていました。
  3月も終ろうとしていましたが  三股山も白く雪化粧していましたよ。
  そこで大先輩の発案で 計画を変更です。
  男池は後にして 急遽 雪を観に沓掛山までプチ登山をする事になりました(^^)
                                                  トマオ


牧ノ戸は雪でした♪

  うわ~~~い♪ 数年ぶりに見る 新雪が積もった光景です(^^)v
  牧ノ戸峠の駐車場は、雪合戦にバッチリな感じになっていました♪
                                                  トマコ 
  道路状況は、少し雪がある程度で凍結はなく チェーン無しで大丈夫でした。
  この日の予報では 時間が過ぎることに気温も天気も良くなっていましたので
  この状況は、ある意味とても運が良く、来てみて初めて出会えた光景でした(^^)
  もしも もっと雪が多ければ、ノーマルタイヤのままでは無理でしたし
  雪が少なければ これから先の光景には出会えなかったかもしれません。
                                                  トマオ 


沓掛山までGO♪

  と、いうワケで、思いがけず雪の沓掛山へGO~♪
  いつか 久住山へ登った時も、牧ノ戸峠からのスタートでした(^^)
  今回は全然違う雰囲気の中 久しぶりの新雪を踏みしめながら歩きます~!
                                                  トマコ


新雪を歩きます♪

  新雪の中 親切に注意事項を教えて頂きながらユキますよ~
  靴はトレッキングシューズで アイゼンなども無くて大丈夫でした。
  ですが 道が凍結していれば 引き返すことになります。
  久しぶりの 雪を踏みしめるギシッギシッという感覚・・・
  嬉しくて楽しくて、思わず童心に返りましたよ(^^)
                                                  トマオ

木々が白くなってきた♪

  うわぁ~~~♪ 木々が白く染まっています!
  もしかして・・・!? 霧氷とか樹氷とか観られる・・・??
                                                  トマコ


見晴台と計測器♪

  見晴台の方を振り返ると、由布岳の方向に雪は見えません。
  白い景色は九重連山の辺りだけの様でしたよ(^^)
  そこに見えるのは登山者を数える計測器だそうで
  前回は気付かなかったなぁ・・・
                                                  トマオ


幻想的です♪

  わぁぁ~~~♪
  思わず歓声が、何度も出ます^^
                                                  トマコ


まだまだ進みます♪

  まだまだ、進めそうですよ~
  幻想的な光景を眺めていると、つい足が止まってしまいます。
                                                  トマオ


うっすらと白く染まる高原♪

  トマコ   「わぁぁ~っ♪ 樹氷じゃないんですか?」
  大先輩  「まぁ~だまだまだっ。」


樹氷~♪

  トマオ   「おお~ 木が白くなったのは初めて観たなぁ・・・」
  大先輩  「まぁ~だまだまだっ。」


久住山の方向へ♪

  久住山の方向に進みますよ~
  なんだか懐かしいなぁ! 久住山にもまた行きたいです。
  あの雲海の光景は 一生忘れないと思います(^^)
                                                  トマオ


久住山?

  トマコ   「久住山は、この辺りからは見えないんですよね?」
  大先輩  「は? 見えよるやないか(^^)」


見えた♪

  ズームして・・・12345678く~じゅう!
  あの小さく見える尖がった山が 久住山でした(^^)
                                                  トマオ


小さな樹氷♪

  トマオ   「おお~っ ムッヒョウ~~じゃないですか?」
  大先輩  「まだまだっちゃ~(^^) もっと先行け~」

  霧氷(むひょう)は、氷点下の環境で、空気中の過冷却水滴もしくは水蒸気が
  樹木その他の地物に衝突して凍結もしくは昇華することでできる、
  白色や無色透明の氷層の総称。
  いわば自然現象としての着氷現象。普通、樹氷・粗氷・樹霜の3つに分類される。
                                           ウィキペディアより


  この先で、もっと凄い霧氷が観られるのでしょうか?
  もう少し行ってみたい方は、デジブックでご一緒しましょう!
                                                  トマオ

  フルウィンドウで見るをクリックした後、右下のアイコンをクリックすると
  フルスクリーンモードで見れます。 BGMが流れますのでご注意を!
  
スポンサーサイト
【2012/05/17 06:00】 | 山歩き | トラックバック(0) | コメント(25) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。