スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
勝屋酒造の蔵開き♪唐津街道赤間宿祭り
福岡教育大駅前♪

  2月19日 唐津街道赤間宿の 勝屋酒造酒蔵開きに行ってきました(^^)
  造り酒屋さんの蔵開きは初めての事で、トマコも飲む気満々・・・コワっ
  北九州市からJR鹿児島本線下りで、福岡教育大駅で降りた所です。
                                                  トマオ


歩行者天国♪

  勝屋酒造さんは、酒蔵開きの少し前にご紹介させて頂いています♪
  唐津街道赤間宿では、酒蔵開きの二日間はお祭りで とても賑わうと聞いてたけど
  旧街道の一部が歩行者天国になって、なんだか凄い人出です(^^)
                                                  トマコ  


旧唐津街道赤間宿♪

  唐津街道とは、古代から通じる要路を福岡藩が参勤交代のために整備した街道で
  北九州市若松区から、佐賀県唐津市までを結んでいます。
  赤間(あかま)宿は宗像市にあり、唐津街道むなかたは 風景街道に登録されています。
  古い町並みには見所が多く、以前登った城山は このすぐ近くですよ。
  勝屋酒造さんでは 城山の名水で美味しいお酒を造り続けておられます。
                                                  トマオ


勝屋酒蔵さんへ♪

  すっごい人だかり~~~♪
  簡単には入れないくらいの、人の多さにビックリです(^^)
                                                  トマコ
  友人ご夫婦と待ち合わせていますが、お先に入って待ってますよ~
                                                  トマオ


蔵開き♪

  お店の前で受付をしてから 中に入ります。
  運転をしない人は 無料でぐいのみを頂いて それを持って入りますよ(^^)
                                                  トマオ
  トマコ  「杉玉の色が違う~~~」
  トマオ  「過ぎたるは及ばざるがなんだって??」


杉玉♪

  杉玉(すぎたま)とは、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物。
  酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、
  新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。
  吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってくる。
  この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を物語る。
  今日では、酒屋の看板のように受け取られがちであるが、
  元々は酒の神様に感謝を捧げるものであったとされる。         ウィキペディアより


  酒造開きの前にお邪魔した時は 茶色かったです♪
  なるほど~ 蔵開きの時にはもう、新しい杉玉に変わっていました。
  写真撮影も、快く許可を頂いています(^^)
                                                  トマコ


酒樽のお花♪

  酒樽に花を活けてあります。
  とっても豪華で迫力がありましたよ!
  マンサクの花が 印象的でした(^^)
                                                  トマオ


ぐいのみで♪

  トマオ  「何杯めか??」
  トマコ  「まだ2杯目じゃん^m^」

  酒~ 酒持って来い~~~
  とトマコがサケんでも 聞こえないくらい賑わっています(^_^;)
                                                  トマオ


にごり酒美味しい~♪

  サケんだりしていません♪
  にごり酒美味しい~(^^)v 
  向こう側は清酒です~ 
                                                  トマコ 


大吟醸最高♪

  もう少し奥に入ると、大吟醸が一杯100円で頂けます!
                                                  トマオ  
  自分たちのために買うには高級すぎるお酒で、お味見のチャンスです(^^)v
  いっただきま~す♪ うっわ~~~凄く美味しいです!!
                                                  トマコ


一杯百円です♪

  トマコはお酒に強くは無いのですが、少し飲むと日頃のテンションが倍増します。
  ただでさえの太っ腹が、いっそう太っ腹になりそうだ~
  と、ここで友人ご夫婦と合流して いっそうハイテンションです(^_^;)
  100円玉を握りしめて ゲラゲラ笑って並んでいますよ~
                                                  トマオ

  
酒かすなどなど♪

  酒はさっけ飲んだし(・・? 今度は酒かすや酒饅頭を買いに並びますよ~
                                                  トマオ


赤間宿を歩きます♪

  寒かった2月ですが、酔っ払いにはそう寒く感じません。
  焼き物の町のような煙突と、向こうに見える山が城山です。
  友人ご夫婦に、勝屋酒造さんの煙突だと教えて頂きました。
                                                  トマオ


古い町並み♪

  赤間宿の古い町並みを 少し歩いてみます♪
                                                  トマコ


出光♪

  出光? そうです・・・
  赤間宿には あの出光興産の創始者 出光佐三翁の生誕地があります。
                                                  トマオ


出光家も開放♪

  地元を愛した方だったそうで、赤間宿祭りの時には生誕地が公開されています。
                                                  トマオ


創始者の出光佐三氏♪

  奥までは入れないけど 無料で見学できます♪
  出光佐三氏は 地域の振興に物心両面で尽力され
  昭和56年に95才で亡くなられました。
                                                  トマコ


子供たちのガイドさん♪

  このお祭りで感心させられた事は、こうした旧家の公開に
  地元の小学生の子供さんたちが ガイドのボランティアをされています。
  質問もさせて頂きましたが、ハキハキと答えてくれましたよ(^^)
                                                  トマオ


古民家開放♪

  出光家のほかにも 個人の古民家を開放して下さっています。
  通りを歩きながら ふらりとタイムスリップ出来ますよ(^^)
                                                  トマオ


二階♪

  この古民家でも 小学生のみなさんが説明してくれましたが
  二階がなんだったかなぁ~?
  酔っ払って聞いてるのは おっさんけ~(・・?
                                                  トマオ


庭の木♪

  このお宅では お庭がとてもりっぱで、何の木だったかは忘れたけど^^;
  あまりにも立派な木なので 植木屋さんでもお手入れが出来ない木があるそうです。
  小学生のみなさん~また来年教えてね♪
                                                  トマコ


楢の露を飲みながら♪

  さてさて、通りには美味しそうな露天が沢山です!
  あれ~ 知らないうちに、友人がお酒を買ってくれている~
  次回は 露天で色々食べまくりますよ~
  酔っ払いバンザ~イ(^^)
                                                  トマオ

  小さな笑顔が広がって、大きな笑顔の輪となってゆきますように。
   2012年が、大きな復興の年となりますように。
                                                           トマオトマコ
スポンサーサイト
【2012/03/21 06:00】 | ドライブ・お出かけ | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。